Force.com 導入事例Force.com導入事例 日本エンバイロケミカルズ株式会社様

業務をまたがった新しい視点から、売上拡大につながる新しい価値を発見

当初ご検討されていた機能豊富なCRMパッケージではなく、必要な機能に絞ったシンプルな営業支援システムをForce.comで実現しました。見積、サンプル品依頼の機能をお客様の必要に応じて、短期間で順次構築することで、お客様情報を一元管理でき、確度の高い見込み顧客を抽出することが可能になりました。


導入前の課題

見積業務の標準化とサンプル品依頼業務の効率化が課題

・顧客によって見積プロセスが異なっており、標準化する必要があった。
・見積書を一つ作成するにも、基幹システムや多数の書類を参照しなければならない。
・サンプル品依頼業務では、情報が書類やシステム内のデータに分断されており、業務の流れが把握できない。
・サンプル品依頼における関連会社へ業務依頼を電話やFAXで行っており、自動化を行いたい。

導入ポイント

機能を絞ったシンプルな営業支援アプリケーションを構築

・価格の高いCRMパッケージに代わり、機能を絞ったシンプルな営業支援アプリケーションを構築。
・CRMパッケージでは対応しきれない見積書入力画面、見積書出力ををカスタマイズ開発。
・関連会社の担当者もシステム利用者として取り込むことで、リアルタイムな情報連携を実現。

 

導入効果

業務の標準化、効率化だけでなく、売上拡大につながる新しい価値を発見

・Force.comの承認プロセスを活用し、見積プロセスの標準化を実現。
・基幹システムと連携を行うことで、点在する情報を参照することなく見積業務ができるようになった。
・サンプル品依頼業務における業務連絡がメールで自動配信されることで効率化アップ。
・異なる2つの業務を構築することで、お客様情報が一元管理され、売上拡大につながる新しい価値を発見。

お客様の声

当初は豊富な機能が揃っているCRMパッケージ製品の導入も考えていましたが、コスト高であることや、私達が第一に実現したかったことが見積業務の標準化であったことなどから、必要な機能を必要なときに拡充できるForce.comに魅力を感じ、導入を決めました。
2つの業務をそれぞれForce.comアプリケーションとして構築することで、当初は意図していなかったのですが、結果的に業務をまたがったデータの一元管理に結び付きました。一元管理された顧客情報から、レポート機能を活用することで確度の高いリード顧客の抽出ができるという気付きを得ることができました。これを契機に、現場を支援するレポート構築や、状況把握のダッシュボードの洗練など、データ一元管理を活かした次の取り組みを行っていきたいと思います。

 

2013年4月 活性炭事業部  河野 愛 氏

ページトップへ戻る

お問い合わせ・見積のご相談

お問い合わせ

導入事例に関するお問い合わせはこちら

導入事例一覧