Force.com 導入事例Force.com導入事例 京阪電気鉄道株式会社様

車両部品在庫の管理を効率化

エクセルで車両在庫管理を実施していたため、最新の在庫状況を把握する事が困難でした。担当業務に合致したシステムをForce.comで構築する事に加え、購買情報と連携する事により、最新の在庫状況を見ながら業務が遂行できるようになりました。また、棚卸資産を一元管理した事により、レポート業務の効率化だけなく、適正在庫の管理が容易となりました。


導入前の課題

全社的な「内部統制の強化」が課題

・移動平均法を用いた棚卸資産評価額の管理を実現したかったが、エクセルでの運用のため困難であった。
・貯蔵品在庫を現行システムから移行する事で、棚卸資産の一元管理をしたい。
・早期運用かつ現場ユーザの試用期間を確保するため、短期間での導入が必要であった。

導入ポイント

短期間・低コストで車両在庫管理システムを構築

・担当業務に合致した車両在庫管理アプリケーションを構築。
・Force.comの特徴を活かした短期間・低コストでの実現。
・Force.comの承認機能を活用し、在庫の厳格な管理を実現。

 

導入効果

在庫管理業務の効率化により在庫数量の適正化も実現

・業務を標準化した事により、日次業務だけでなく月次/期次業務も効率化できた。
・既存システムから購買情報を自動で取り込む事により、担当者は常に最新の在庫状況を確認しながら業務ができるようになった。
・蓄積した購買情報を簡単に集計できるため、適正在庫数の把握など様々な視点でのデータ分析が行えるようになった。

お客様の声

在庫管理をシステム化することで、レポート業務を効率的に行えるようになった。また、現場での在庫数量をリアルタイムに把握できるため、不要な在庫を無くすとともに、適正な発注が可能となった。

 

2011年3月 豊田 氏

ページトップへ戻る

お問い合わせ・見積のご相談

お問い合わせ

導入事例に関するお問い合わせはこちら

導入事例一覧