OSS活用ソリューション 導入事例ID管理導入事例 広島国際大学様

ネットワークの全面更新を機にID管理システムでも処理速度の向上や学術認証などの拡張性を目的 に、「ThemiStruct(テミストラクト)-IDM」への刷新を決定

広島国際大学様では大学全体のネットワークの大幅な更新時期を迎えていました。大学の新しい情報化の基盤のひとつであるID管理には処理速度の向上や学術認証/パブリッククラウド連携など今後の拡張性を備えた「ThemiStruct(テミストラクト)」を選択されました。

 

 

業種:文教

http://www.hirokoku-u.ac.jp/


導入背景

ネットワークの更新を機にID管理システムも刷新

広島国際大学様では東広島・呉・広島の三つのキャンパスにまたがるネットワークの更新時期を迎えていました。その中の1システムとして、大手メーカーが開発したID管理システムを利用されていました。しかし、導入から年数を経るにつれ、細かな運用作業がしにくい、また、新入学生の入学時期の処理に時間がかかるなど大学特有の負荷の集中に起因する課題も明らかになってきました。

 

また、更新前のシステムは作り込みで構築されていた為、改修や機能拡張はどうしても複雑になります。将来的に多様化する学生のニーズに応え、かつ学内のシステムに加え様々なクラウド上のサービスと連携していくといった拡張性が懸念されていました。

導入ポイント

教育機関特有の負荷集中に対応した処理速度の向上と拡張性

導入について、まず処理速度の向上が大きなポイントとなりました。教育機関では毎春学生の入れ替わりが生じるため、IDの削除や新規作成などの処理が一時期に大量に発生します。春は学生向けシステムが一斉に稼働する時期であり、運用担当者の負荷も非常に高くなるのでシステムの処理速度も重要なポイントになりました。

 

また、別のポイントとして、プロビジョニング・リハーサル機能やパスワード・リマインダー機能などがあります。これらは連携先などを登録したプロビジョニング設定をリハーサルとして反映させ、連携の動きや影響を簡単に確認できる機能であったり、学生のパスワード再発行の依頼対応に時間を割かれるなどの課題に対し、システムが自動再発行することで大幅な省力化が可能になる機能です。例えば、何度もパスワードの再発行を要求するようなセキュリティ意識の低い学生に対しては一定期間システムへのアクセスを禁止するような設定が出来るようになるなど教育機関の運用現場の負担軽減につながる様々なノウハウが高く評価されました。

導入効果

連携先が増えたにも拘らず処理速度は従来より短縮

今回のシステム更新では、従来は2拠点であった連携先が3拠点(それぞれ複数化)に増加しました。しかしThemiStruct-IDMの導入により年度初めのタイミングでの初回登録時の処理時間の短縮が可能となり業務の効率化につなげることができました。また、利用開始前の懸念事項であった各システム間のID連携についても、入念な事前準備のもと特に大きな問題もなくスムーズに行うことが出来ました。

今後について

IT環境の変化や学生へのよりよい教育コンテンツの整備も含め総合的に検討を進めていく

今回の導入では連携先LDAPの増加や運用面での利便性の向上などがありましたが、基本的には従来のID管理システムの要件を引き継ぐところからスタートしています。今後、具体的に検討していかなければならない課題として、多様化するモバイルデバイスから大学ネットワークに対するアクセス認証、シングルサインオン、常翔学園下の他大学様との認証連携などがあげられています。

 

さらに大学の魅力をより高め対外的にも訴求していくためにはITインフラの整備に加え、よりよい教育コンテンツそのものの拡充や、学内外での利用シーンのシュミレーションも必要となります。情報セキュリティの要でもある広島国際大学情報センター事務室様では、今後2〜3年をかけて学内の様々な要望やIT環境の変化を見据えながら、セキュリティ強度を維持しつつフレキシビリティにも十分配慮された統合認証基盤の検討を進めていく予定です。

ページトップへ戻る

関連資料ダウンロード

お問い合わせ・見積のご相談

お問い合わせ

導入事例に関するお問い合わせはこちら

導入事例一覧