PMマガジン
「あなたのマネジメントスタイルは何タイプ?」

2014年09月号
  • 「あなたのマネジメントスタイルは何タイプ?」
    OCP−プロジェクトマネジャー(L5) 小野江 竜也 

先日、高校生の熱き戦い甲子園大会が大阪桐蔭の優勝で幕を閉じたばかりですが、プロ野球のほうも残り試合が少なくなりさらなる熱戦が繰り広げられる予感がします。優勝争いともなれば、監督には「自他チームの選手の状態、能力、スケジュール、相性など様々な要素をバランスよく判断し全体コントロールする」ことがより一層求められます。監督のマネジメント無しにペナントレース終盤を乗り切れるわけもなく、1つ1つの採配の重要度は増すばかりです。今回はそんなプロ野球の監督に目を向けてマネジメントスタイルについて考えてみたいと思います。

私はそんなに野球に詳しいわけではないですが、名監督といえば、長嶋監督、森監督、仰木監督、星野監督がパッと思いつきました。

  • 長嶋監督といえば、ずば抜けたタレント力で「長嶋監督のために!」と選手が一致団結して、素晴らしい成果をあげていたイメージがあります。PMに当てはめてみるなら、『自らの人間力を最大限に生かしメンバーを引き付けて、PMを支える強い協力体制を構築してプロジェクトを成功に導く』長嶋監督タイプでしょうか。
  • 森監督といえば、セオリー(theory)重視で、送りバントで着実に次の塁に進ませワンチャンスで勝利をモノにしてきたイメージがあります。PMに当てはめてみるなら、『着実に成果を積み重ねることに力点を置くマネジメントの鬼となりプロジェクトを成功に導く』森監督タイプでしょうか。
  • 仰木監督といえば、野茂選手やイチロー選手のような個性を生かした強いチーム作りを得意とし、仰木マジックで相手チームをあっと言わせていたイメージがあります。PMに当てはめてみるなら、『メンバーの特性を生かしつつ、斬新な手法でプロジェクトを成功に導く』仰木監督タイプでしょうか。
  • 星野監督といえば、俺についてこい!体育会系のノリで選手を奮い立たせ、一気に勝負を決めるパワーマネジメントで勝利を積み重ねたイメージがあります。PMに当てはめてみるなら、『どんな困難なプロジェクトでも自らが先陣を切って進み、自分の得意な形に持っていきプロジェクトを成功に導く』星野監督タイプでしょうか。
自分や周りのPMの方に当てはめてみると意外とフィットする名監督タイプがあったりするのではないでしょうか。
私にも軸となる名監督タイプがあるのですが、開発案件の違い、今起こっている事(起こりそうな事)、置かれた状況により臨機応変にタイプを切り替えられるようになりたいと夢のようなことをいつも考えています。

プロジェクトマネジメントにもセオリーがあります。セオリーを無視して常に勝利を勝ち取ることは難しいと思います。セオリーを基本に自分の得手、不得手と上手に付き合いプロジェクトを成功に導いて、お客様、チームメンバー、関係者の方々の笑顔を見ることが出来れば最高ですね。

 あなたのマネジメントスタイルは何タイプ?ですか。

*本PMマガジンの内容は執筆者個人の見解に基づいており、株式会社オージス総研の見解を示すものではありません。

このページのお問い合わせはこちら