システムリフォーム簡易診断

ITが貴社ビジネスの足かせになっていませんか?
「システムリフォーム簡易診断」が全体最適への第一歩をお手伝いします

本サービスは製造業向けの「システムリフォーム簡易診断サービス」です。システム機能の全体像と最適化に向けてのチェックポイントを短期間かつ低価格でご提供いたします。

こんなお悩みありませんか?
  • 今のシステムのままで「ビジネスの変化」に追従していけるだろうか?
  • 今のシステム、自社の「業務とフィットしていない」ような気がする
  • 現行システムの枠組みのまま、「システム再構築」を始めて大丈夫だろうか?
  • 近い将来、「システムリプレイス」や「アウトソース」がスムーズにできるだろうか?
  • システムの「保守・改善コスト」が予想以上に高いのは何故だろう?
導入メリット
  • 今までに無い「短期間」と「低価格」で簡易診断を受けられます
  • システムの機能配置を可視化し、全体最適化への第一歩を踏み出せます
  • 本格的な分析調査の前に、対象を絞り込むことで期間とコストを抑制できます
コンサルティング概要
 当サービスでは、貴社の既存システムの構造を「標準業務モデル」(※)と照らし合わせることで、システムの機能配置を可視化し、かつ貴社の業務と適合していない可能性が高い機能をチェックポイントとして抽出します。 評価の観点を、業務とシステムの適合性に絞ることにより、従来型の本格的なコンサルと比べて、はるかに短期間かつ低価格の簡易診断をご提供します。 簡易診断でチェックポイントを絞り込んでから、詳細な分析調査を行うことで、コストと期間をトータルで節約をすることが可能になります。

※ 標準業務モデル:業種によらず業務の体系を階層構造で整理したもの。米国発のものとしては
 APQC(米国生産性本部)のプロセス分類フレームワークやサプライチェーンカウンシルによる
 SCOR(Supply Chain Operation Reference model)などがあるが、日本のものとしては、2004年末
 に日本政府が採用したEA(Enterprise Architecture)のなかで使われた技法・方法論をとりまとめた
 TENOHA(Total Empowerment New Open Holonic Approach)において紹介されている。

※ 当サービスは現状のシステム構造を診断対象としています。
  (業務構造の良し悪しを診断するものではありません。)
導入の流れ
短期間 & 低価格
 当サービスは、この従来型の本格的なコンサルとは異なり、調査対象のシステムについて、浅く、広く、簡易的に診断することで、これまでに無い「短期間」と「低価格」で診断受けていただくことが可能です。 当サービスをご利用頂きチェックポイント(業務にシステムが適合していない可能性の高い部分)を事前に絞り込んだ後、対象を絞った詳細調査に資源を集中できるため、時間とコストがトータルで削減できます。
コストパフォーマンスの高いアウトプット
 簡易診断とは言え、コストパフォーマンスの高いアウトプットが得られます。 機能配置の可視化については、機能の階層構造をマトリクスで一望できる「システムDMM図」、これを系統的かつ多段階に展開した「システム機能系統図」。 システム最適化のためのチェックポイントを数値化した「定量評価」、標準業務モデルとの差異を表現した「定性評価」。 そして業務毎の特徴や個別の補足をまとめたものが「総評」です。
次のステップ:ポイントを絞った本格的な分析や、システム改善へ
 当サービスをご利用頂いた後は、チェックポイントを絞り込んだ上で、本格的な分析・調査やシステムの見直し・再構築に着手していただけます。 もちろん本格診断やシステム構築についても、当社にお申し付け下さい。 各種のコンサルテーションやソリューションメニューを揃えてお待ちしております。

ページトップへ戻る