セキュリティ監査・診断コンサルティング

ネットワークインフラ、サーバー、Webアプリケーションの脆弱性を検出。改善方法を含めてご支援します。

不正アクセスの発生によって引き起こされるWebページの改ざんや顧客情報の流出は、重大な損害を引き起こす恐れがあります。
不正アクセスの原因となるセキュリティの脆弱点がネットワークインフラ、各種サーバー、Webアプリケーション上に存在するかを明らかにし、脆弱点に対して実施すべき正しい対策をご提言いたします。

こんなお悩みありませんか?
  • セキュリティ対策を何から始めればよいのか分からない。
  • 自社サイトがハッカー/クラッカーから狙われているのではないか。
  • セキュリティ対策が十分かどうか客観的なレポートが欲しい。
  • 顧客情報の流出だけはなんとしても防ぎたい。
導入メリット
  • どこからどんな「セキュリティ対策をするべきか」の指針になります。
  • 自社サイトの「セキュリティ強度は十分なのか」に対して、客観的な評価が得られます。
  • Webアプリケーションの「どこに気をつければ情報漏えいが防げるか」が明確になります。
  • 「いつどんなセキュリティパッチを適用すべきか」の判断材料になります。
コンサルティング概要
1.ほとんどの不正アクセスの原因となっている、システムやサイトに残存するセキュリティ上の問題 (脆弱点) を洗い出します。
2.洗い出され脆弱点を、御社環境をふまえて分析し、それぞれの脆弱点の内容、危険度、対策の方法、及び対策の緊急度を報告書にまとめ、ご報告いたします。
3.調査はオンサイト診断、インターネット越しのリモート診断、どちらでも可能です。
4.今後の対策実施についてもご相談をお受けいたします。
ネットワーク、サーバーの脆弱性を検査します。
TCP/IPで接続されるネットワーク機器、サーバー(OS)に対し、脆弱性を検査します。
Webアプリケーションに潜む脆弱性を検査します。
Webアプリケーションに潜む脆弱性を検査し、アプリケーションごとの注意点などを明確にいたします。
セキュリティスペシャリストが検査にあたります。
検査ツールのみに頼ることなく、セキュリティ対策の専門技術者が分析にあたります。
迅速な報告によって、個別に緊急対策を検討いたします。
報告会の前であっても、重大なセキュリティ脆弱性が発見された場合は直ちにご報告。お客様と個々に緊急対策を検討・ご提言いたします

ページトップへ戻る