ITガバナンス構築コンサルティング

攻めのITガバナンス

企業活動におけるITガバナンスは、ともすると守りのネガティブなイメージでとらえられる嫌いがあります。
オージス総研では、「攻めのITガバナンス」を目指して、ITガバナンスのアウトソースを梃子に企業活動に貢献できることを目指します。

こんなお悩みありませんか?

お悩み例

  • ・ITガバナンスと言われてもそもそも何をどのレベルまでどのくらい手を打てばよいのか、わからない。
  • ・ITガバナンスが必要だとしてもいかほどのコストをかけていいのかわからない。
  • ・ITガバナンス担当者のモチベーションは上がらず、戦略企画テーマを検討する時間も奪われている。

導入メリット

メリット例

  • ・新分野へのIT投資比率が向上し、戦略企画テーマに人的リソースを配分できるようになります。
  • ・全体で必要なIT投資、個別に必要なIT投資が明確になり、多重投資を削減できます。
  • ・全社標準に基づいたシステム構築により、常に品質が安定したシステムを導入できます。
  • ・運用プロセスの標準化により、安定したサービス(品質・レスポンス・障害対応など)を提供できます。

コンサルティング概要

ITガバナンス 概要図

J-SOXに関わるIT全般統制への対応、すなわち、企業グループにわたった開発標準・運用標準等のルール・プロセスの整備が、御社のシステム関連業務の見える化、効率化を促進します。更にITインフラ統合、基盤の整備とあわせて、システムの安定化、人材育成、ビジネス継続に寄与いたします。
さらにIT投資マネジメントと組み合わせることにより、経営とITのアラインメントを実現します。

IT投資標準の整備(例)

IT投資の選択、認可、および評価基準を会社全体・企業グループにて定めることで、IT投資、開発PRJの適正化を図ります。

システム開発標準の整備(例)

要件定義(業務要件定義、システム要件定義)や変更管理、レビュー基準などを定めることで、業務改革と一体となったシステムを調達できる環境を整備します。

レビュー基準の整備(例)

システム開発の都度に行うレビューの種類、実施タイミング、承認プロセスを明確にすることで、開かれた企業風土の形成を即します。また、IT全般統制への対応も行います。

グループITポリシーの整備(例)

グループ経営に欠かせない、グループ全体のセキュリティ向上、コンプライアンス遵守の風土をグループのセキュリティポリシー、ITポリシー等を定めることで達成します。

参考資料

導入事例『A社様』

内部監査による不備指摘がないレベルのITガバナンスに加え、
これからの効率化に向けてベースラインを設定

■ 導入動機
内部統制対応におけるITGC(IT全般統制)の構築
■ 導入プロセス
COBIT4とシステム管理基準をフレームワークにして、お客さまの状況を加味して、ITガバナンスを構築。
■ 効果と今後
内部統制監査での不備指摘はなく、これからは攻めのITガバナンスを目指して、技術の変化に迅速に対応できるITガバナンスを目指す
■ 顧客プロフィール
公益企業

お客様の声

  • ・適切な統制レベルを設定してもらい、無理なく業務を続けている。
  • ・コストの妥当性をオープンに説明できるようになった。
  • ・アウトソースの有効活用により、プロパーがより戦略的な業務に時間を避けるようになり、モチベーションも上がった。
お問い合わせ

お問い合わせ

コンサルティングに関するお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る