IT経営力強化コンサルティング

経営、業務、ITの有機的連携によって経営に資するIT導入を支援します。

相互に関連した、多くのIT課題と事業部門からの個々のIT要求に個別に対応して来た結果、社内システムは複雑化して、維持管理に多大な費用がかかっていないでしょうか?
IT投資本来の効果を享受するためには、単に現業務をIT化するだけでは、不十分です。
自社のビジネスモデルを再確認したうえで、経営の視点を得ながら、業務とITとの橋渡しを行っていくことが重要です。
IT経営とは、経営・業務・ITの融合による企業価値の最大化を目指すことです。
IT経営力強化コンサルティングは、経営的な視点からIT化の優先順位を定め、企業全体の制約を加味した現実的で効率的な全体最適のIT導入アプローチによって企業IT成熟度を高めます。

こんなお悩みありませんか?

お悩み例

  • ・個別対応によってIT投資が重複し技術的一貫性や整合性がない。
  • ・情報化投資が予算超過になり時には導入に失敗している。
  • ・IT投資効果がはっきりせず優先順位も明確でない。
  • ・IT調達が可視化されず投資の納得性がなくガバナンスがない。
  • ・ベンダーから様々な技術提案があるがそのビジネス上の位置づけがよく分からない。
  • ・経営層がITの価値が解らず関与したがらない

導入メリット

メリット例

  • ・経営トップや財務部門、あるいは株主に対するIT投資に関する「納得性」が向上します。
  • ・業務改革推進と戦略的投資効果を高めます。
  • ・IT重複投資の回避、コスト削減が可能です。
  • ・業務・システムの可視化によるITガバナンスが向上します。
  • ・システム統合・相互運用性の推進によって、変化に強い企業への転換が可能です。
  • ・経営層のIT理解を深め、「経営(EA)」、「業務(BPM)」、「IT(SOA)」三位一体の企業文化が形成されます。

コンサルティング概要

現代の企業は、既存ITを多数導入済みで、複雑な相互の関係を持っています。納期、コスト、要員といった制約の中で個別にバラバラの導入を繰り返してきた結果、社会の激変に対応するためのビジネス変革の要請に対して蜘蛛の巣状のITは足かせとなっています(下図)。

概要図

そこで、まず複雑で複合したITを紐解き、相互の制約条件を可視化して標準を定め、個別バラバラの自由度に制限を課して、多様な技術や開発法の発散からくる複雑化に歯止めをかけます。
同時に企業のアーキテクチャ成熟度を診断して、全体最適のスタートポイントを定めます。
このような、企業の業務とシステムの全体最適を検討するには、多様な視点(5W1H)と段階的な抽象度レベルで可視化するエンタープライズアーキテクチャ(EA:注記)という手法がとられます。これは次の図にあるように、業務、データ、アプリケーション、テクノロジーといった階層ごとに現行EAを可視化して、将来EAを定め、それに向かって段階的に次期EAを実現していくのです。これを順次進めていくために、プロセス、スタンダーズ、ガバナンスを定めます。

※EAとは何か?

詳しくはこちら(オージス総研『エンタープライズ・アーキテクチャ(EA)とは』)

詳しくはこちら(ITmedia エンタープライズ『ビジネスとITを全体最適に導くEA』)

EA導入の全体像

手法としてのEAは一般的になってきているものの、どういった順序で進めて行ったらよいかというロードマップがなければ試行錯誤になりがちです。そこで私たちが参考としたのがMITスローン校で実績ある「アーキテクチャ成熟度ステージ」を「百年アーキテクチャ(注記)」として提唱し、企業の着実な成熟度向上のお手伝いをしています。 MITで調査した数百社の事例研究から下図のように、「個別IT最適化の確立」・「全社IT標準の整備」・「ビジネスとITの最適化」・「戦略適合化」の順に段階を踏んでアーキテクチャ成熟度を高めていることがわかったのです。このような企業の成熟度ステージにあわせた段階的なアプローチによって着実にステップを上がっていただきます。

詳しくはこちら(百年アーキテクチャとは何か?)

百年アーキテクチャの成熟度ステージ

進め方のステップ

1. 現状を知る(As−Is)

次のような観点から現在のレベルを知ります。

  • (ア)アーキテクチャ成熟度(百年アーキテクチャのステージ診断)
  • (イ)開発方法論
  • (ウ)プロジェクトマネジメントの状況
  • (エ)プログラムマネジメントの状況(IT戦略の達成レベル、IT戦略外投資の割合)
  • (オ)インフラの現状把握(サーバー、ネットワーク、クライアント、セキュリティ)
  • (カ)システム運用管理の状況(自動化、統合化、標準化レベル)
  • (キ)情報企画の現状把握(IT投資マネジメント、調達標準、利用部門の参画レベル)
  • (ク)IT部門の成熟度、グループIT子会社の位置づけ

2. 解決手段と活用方法を知る

上記の現状把握のなかから問題、課題を抽出し、それらの解決方法を知り、パイロットを実施します。

  • (ア)IT投資マネジメント
  • (イ)開発技術
  • (ウ)クラウドコンピューティング
  • (エ)運用技術
  • (オ)戦略的ソーシング

3. 改革シナリオを描く

アーキテクチャ成熟度に応じた改革シナリオを描きます。

  • (ア)ビジネスプロセス成長シナリオ
  • (イ)アプリケーション成長シナリオ
  • (ウ)インフラ成長シナリオ
  • (エ)IT部門地位向上シナリオ
  • (オ)ベンダーマネジメント改革シナリオ

4. 継続的に実践する

戦略の実践は最も重要でありながら、なかなか実行されないことも多いのです。次の観点から着実に継続実践されるようご支援します。

  • (ア)ステークホルダーの巻き込み
  • (イ)達成目標の共有
  • (ウ)プログラムマネジメント


IT経営力強化コンサルティングでは、個別事業ではなくて企業全体の経営を考えることになります。それがなければ「個別最適」に留まるからです。プロジェクトマネジメントだけでなく全体を考えるプログラムマネジメントが必要になってきます。現在のようにあらゆるものが繋がり、情報武装化した消費者向けのサービスを考えるには、ビジネスの問題を「複雑系」として扱うことが必要になっています。これは全体を考えることを意味しており、全体最適を目指してIT導入を考えなければなりません。
私たちは「経営」、「事業」、「IT」を有機的に連携してIT経営力を強化しようとする、CIOのご支援やEAコンサルティングサービスを提供しています。

お問い合わせ

お問い合わせ

コンサルティングに関するお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る