業務フロー(業務の可視化)をベースにした業務改善コンサルティング

ビジネスモデリングにより、お客様の業務プロセスを「見える化」します。

企業全体をとらえたトップダウン型のサービス・「IT経営力強化コンサルティング」に対し、「業務フローによる業務の可視化をベースにした業務改善コンサルティング」は、文字通り特定の部門をターゲットにしたボトムアップ型のサービスです。まず問題のある業務を可視化し、手順の見直しや改善に結びつけたいとお考えの方にお勧めのサービスです。

こんなお悩みありませんか?

お悩み例

  • ・属人化されてしまい、ブラックボックスとなった業務を見えるようにしたい。
  • ・業務とシステムを一体とし、プロセスオーナーとしてシステム要件を定義していきたい。
  • ・問題の起こっている業務の課題をはっきりさせ、解決したい。
  • ・PDCAの管理サイクルを定着化させ、継続的な業務改善をしていきたい。
  • ・版管理や更新のできていない業務マニュアルを整備したい。
  • ・コスト削減のため、業務移管やBPOを検討したい。

導入メリット

メリット例

  • ・属人化された業務を標準化でき、組織的に業務ノウハウを蓄積できるベースを作成できます。
  • ・ビジネスモデリングによる業務要件定義からシステム要件をスムーズに抽出でき、機能の必要性が明確になります。
  • ・業務全体を俯瞰した上での課題を抽出できます。
  • ・業務の移管やBPOについて範囲や影響を明確化できます。
  • ・統一された表記により、多くの人が理解しやすい業務マニュアルを整備し、維持管理できる環境を構築できます。

業務フローを中心に文書整備するメリット

文章だけの表現のデメリット

  • ・複雑な作業のプロセスや複数の担当や部署を跨るプロセスがある業務について、担当者以外が急遽代行したり引継しなければいけない場合、文章のみでは把握は困難。
  • ・文章だけで業務を表現すると文自体が長くなったり、必要な情報を脈絡なく入れてしまいがちになる。
  • ・業務を俯瞰して把握することが求められている場合、文章のみで業務をイメージしたり、複数者で共通認識を得ることも困難。
図1<業務フロー図を作成する効果例>

図2<業務フロー図を中心に文書を整備するメリット例>

コンサルティング概要

ご支援メニュー

新業務基準・手順作成の想定工程と弊社でご支援できる内容

メンターリングアプローチにより、お客様が自力で継続できます

お客様に実際に手を動かしていただき、それをレビューするという実践的なメンターリングアプローチを採用しています。サービス終了後も、お客様が自力で業務を可視化し、業務改善を継続できるようになります。

段階的にサービスを導入することが可能です

業務プロセスの可視化だけでなく、業務分析・業務要件定義、業務改善効果測定、システム要件定義までのサービスを、ご予算に合わせて段階的に導入することができます。また、システム要件定義後の実装もサービス提供可能です。

業務可視化の成果物イメージ例

成果物の体系化例

 

導入事例

「使う」ことを最大の目的にサービスをご提案します

http://www.ogis-ri.co.jp/projectfield/gyomu/gyo09_01.html

 

 

銀行、保険会社を中心とした金融機関、サービス業を中心に、お客さまのご要望に沿った、業務可視化を用いたコンサルティングサービスを提供しています。

ITガバナンス 概要図

 

関連情報

業務可視化特集ページ

業務可視化に関する、無償提供ツール、トレーニングなどを紹介しています。

http://www.ogis-ri.co.jp/pickup/vis/index.html

お問い合わせ

お問い合わせ

コンサルティングに関するお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る