リサーチ&コンサルティング

言語化されない潜在的な領域にアプローチする「行動観察」や、インタビュー・アンケートなど様々なリサーチ手法を用いて、既存の枠組みにとらわれない新たなソリューション創造を支援します。

行動観察

無意識の行動に潜む、ニーズやリスク、スキルを可視化

クライアントの課題に合わせて様々なフィールドで観察を行い、現場の事実を収集する手法です。行動の背後にある文脈や理由を深く掘り下げることでこれまで気づけていなかったインサイトを導き、ソリューションを生み出すことができます。
最大の特徴は、アンケートやインタビューでは得られない「言語化されない事実・情報」を得られること。今ある商品やサービスの改善にとどまらず、既存の枠にとらわれない新たな価値創造、ソリューションの開発に適しています。

 

 


ビジネス課題へのアプローチと事例

商品・サービス開発・マーケティング
主な対象業種・職種

製造業(自動車、電化製品、住宅、住宅設備、生活用品、製薬、医療機器、食料品、エネルギー、OA機器など)、情報通信業の商品企画・マーケティング・新規事業・R&D部門
商品・サービスのコンセプト開発(新規・リニューアル)
顧客やターゲットの生活に密着するエスノグラフィ調査などにより価値観やとりまく環境要因、ニーズを深く理解し、商品コンセプト開発に活用。

コミュニケーション開発
ユーザーの生活背景や価値観、実際の商品の使い方、情報収集方法、買い回り行動などを把握。CM・WEBなどの媒体選択や、各タッチポイントでの訴求ポイントや、具体的展開案の作成など、コミュニケーション施策の立案を支援。
ユーザビリティ改善
商品の使用シーンを人間工学的な観点から分析。ヒトとモノとの適合状況や、操作・行動の「痕跡」などから改善点を導出。




接客・販売現場の改善・イノベーション
主な対象業種・職種

流通業・小売業・サービス業
営業職(B2C、B2B)
優秀コミュニケーションスキルの可視化
営業や接客・販売など、コミュニケーションの優秀者と中級者に密着し、それぞれの行動を観察。本人も無意識の優秀スキルに光を当てて可視化し、共有することでCSや売上の向上に寄与。
利用者にやさしい施設づくり
利用者の動線や施設内での行動、迷うポイントなどを観察し、スムーズで快適な施設・環境に改善。

売り場、店内オペレーションの改善
利用客の入店から購買までのプロセスを段階ごとに分析し、売場のディスプレイや店内オペレーションを改善。




製造・作業現場の改善・イノベーション
主な対象業種・職種

製造業(自動車、電化製品、エネルギーなど)の生産技術・管理部門
各種メンテナンス・保守・工事業務のご担当部門
業務の可視化〜生産性の向上
業務の流れを、観察とインタビューにより文脈で把握。ボトルネックの要因や、ムダ、ムリの要因を見つけ、生産性の向上につなげる。
作業現場の安全性向上
現場において作業者本人も気づかない身体的負荷・ストレスにつながるヒヤリハットを洗い出し事故を未然に防止。

作業現場のヒューマンエラー低減
アセスメントでは表れない、人の「気持ち」に着目。コミュニケーション・掲示物などからモチベーション低下の要因を抽出し、ヒューマンエラーを低減。
技術・技能伝承
熟練者の観察とインタビューからポイントを導き出し、可視化・標準化・文書化をすることで暗黙知を形式知に代え、技術・技能伝承を支援。



<事例>
がんこフードサービスさま 「飲食店の厨房業務における優秀店および標準店の比較観察
大阪ガス 「工事現場の観察

 人材育成・組織開発
主な対象業種・職種

全業種
「観察力」の育成
場の観察から気づきを得て、ソリューションを生み出すスキル(=「観察力」)を養うための人材育成プログラム。これまでの行動観察の実践やノウハウをベースとした独自の併走型育成プログラムで定着するまで学びをリード。
イノベーションのためのマインドセットの醸成
イノベーションを起こす人材・組織に必要な3つのマインド(チャレンジ精神・他己実現・前向きさ)を理解し、身につけることによって組織風土を活性化。

「リフレーム・マインドセット研修」詳細はこちら





「気づきドット」-組織力を強化する共創プラットフォーム-

気づき力の向上や、気づき情報の活用を支援する『社内限定SNSスマートフォンアプリ』です。現場の事実・実態から得られた気づきを、御社専用のクラウド領域にストック。メンバー間での共有や、蓄積された気づき情報の分析により、改善/イノベーション創出のヒントを提供します。また、継続的にご利用いただくことで、メンバーの気づき力の向上、変革へのモチベーションアップにもつながります。


      「気づきドット」のサービス紹介はこちら



リサーチ&コンサルティングの詳細についてはこちら


お問い合わせ

お問い合わせ

コンサルティングに関するお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る