沿革

1983 6月 大阪ガス株式会社の100%出資でオージー情報システム株式会社(OGIS)設立
1984 6月 オージスコンピュータスクール「NEED」開校
1985 4月 OGISの100%出資で株式会社オージー情報システム総研(OGIS総研)設立
1986 4月
7月
東京支店(現東京本社)開設
岩崎コンピュータセンター(ICC)完成
1987 9月 ICC、通産省(現 経済産業省)安全対策事業所認定
1988 2月 OGIS総研、南港オフィス開設
1989 10月 本社を現在地へ移転
1990 2月 通産省(現 経済産業省)システムインテグレータ認定
1992 1月
4月
米国カリフォルニア州にシリコンバレーオフィス開設
OGIS・OGIS総研の合併により株式会社オージス総研発足
1995 3月
4月
通産省(現 経済産業省)特定システムオペレーション企業認定
尼崎オフィス開設
1997 6月 ヘルプデスクセンター開設
1998 10月 情報化促進貢献企業として通商産業大臣賞受賞
1999 6月 ISO9001認証取得
2000 10月 米国シリコンバレーオフィスを法人化しOGIS International Inc.設立
2001 9月
10月
株式会社宇部情報システムを子会社化
株式会社システムアンサーを子会社化
2002 2月
6月
プライバシーマークの使用許諾取得
豊田オフィス開設
2003 1月 運用サービス本部(本社事業所、京都サイト)で「ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)適合性評価制度」の認証取得
2005 7月
11月
名古屋オフィス開設
葛飾リサイクルセンター開設
2007 10月 OGIS、通華科技有限公司の合弁で「上海欧計斯軟件有限公司」を設立
2008 4月 さくら情報システム株式会社を子会社化
2015 7月 大阪ガス行動観察研究所株式会社と合併

ページトップへ戻る