オープンソースを用いたシステム運用コスト削減セミナーセミナー

2011年10月24日

インシデントの自動登録でシステム運用管理コストを大幅削減

昨今の経済環境から企業のIT部門とりわけ運用部門には定常的なコスト削減が求められています。

 

オープンソースソフトウェア(OSS)を活用することで、ライセンス費用を含む導入費用と運用費用の削減が可能ですが、

OSSについては各企業様により取り組み方が大きく異なるのも事実です。

 

本セミナーではシステム運用の分野で実際にオージス総研が自社で導入し、運用しているOSSを中心に、商用パッケージとの効果的な使い分け方や維持管理の上でのコツなど、OSSを上手に活用しながら効果的なコスト削減につなげるソリューションをご紹介します。(デモンストレーションも予定しています。)

 

セミナー概要

■開催日
2011年11月17日(木)
■時間
16:00~17:45 (受付開始:15:30)
■会場
ドームシティガスビル 4F 14 a・b会議室
■主催
株式会社オージス総研
■参加対象者
経営企画部門、 情報システム部門、運用コスト削減にご興味をお持ちの方 
※競合他社様の参加はご遠慮いただいております。
■定員
受付は終了いたしました。
■参加費
無料
事前登録制

プログラム

※ 内容・時間などは、告知なく変更されることがございます。
16:00~16:10 はじめに ~ご挨拶~
講演者:株式会社オージス総研 プラットフォームサービス本部 IT基盤ソリューション第3部
     マネジャー 大澤 登士弘


セミナー開催のご挨拶をさせていただきます。
16:10~16:50 【OTRSセミナー】
インシデント管理のOSSとして最も可能性を秘めたOTRSの実力とは?

講演者:株式会社オージス総研 プラットフォームサービス本部 IT基盤ソリューション第3部
     中澤 勝彰


運用の現場で日々起きているインシデントの発生から解決までのプロセスを効率化するOTRS。インシデントチケットの自動登録、チケット一覧表示のダッシュボード、システム構成情報の管理、システム変更にともなうワークフロー、サービスレベル管理機能などITIL運用管理に必要な主要な機能を標準実装。オープンソースでここまで出来るOTRSの実力をデモンストレーションを交えてご紹介します。
16:50~17:00 休憩
17:00~17:40 【ThemiMONITORセミナー】
システム監視から運用の自動化を支援するThemistruct-MONITOR(Zabbix)のご紹介

講演者:株式会社オージス総研 プラットフォームサービス本部 IT基盤ソリューション第3部
     山内 克矩


様々なイベントやシステムリソースの監視を行いシステムダウンを未然に回避することができるThemistruct-MONITOR(Zabbix)。システム異常の検知から初動対応、インシデントチケットの自動発行まで運用負荷の軽減を実現するソリューションをデモンストレーションでご紹介します。
※Zabbix は、Zabbix SIA社の登録商標です。
 その他本ページ記載の会社名、製品名、サービス名はそれぞれの各社の商標または登録商標です。
17:40~17:45 質疑応答・終了挨拶
講演者:株式会社オージス総研 プラットフォームサービス本部 IT基盤ソリューション第3部
     マネジャー 大澤 登士弘


本セッション全体での質疑など。

交通アクセス

ドームシティガスビル 4F 14 a・b会議室
〒550-0023
大阪府大阪市西区千代崎3丁目南2番37号(ドームシティガスビル)

JR環状線「大正」駅から徒歩10分

地下鉄長堀鶴見緑地線「ドーム前千代崎」駅から徒歩5分

阪神なんば線「ドーム前」駅から徒歩5分

このページのお問い合わせはこちら