【東京開催】ビッグデータ活用の前に解決すべきDBシステムのパフォーマンスとコストの課題セミナー

2012年06月01日

「今ある課題を解決」と「今後のビッグデータ活用」を両立させるDB環境構築法

・ 既存のDBに必要以上のコストがかかり過ぎている
・ データ量が増えてシステム全体のレスポンスが低下
・ 時間内にバッチ処理が終わらない
・ DWHへのデータ・ローディングに時間が掛かりすぎる

既存のDBシステムにこのような課題を感じていらっしゃる方は多いでしょう。
ビッグデータ時代の到来と言われていますが、それ以前に増大するデータに対応できずにトラブルとなったり、十分な活用ができなかったりと、様々な課題が浮き彫りになりつつあります。

本セミナーでは、今後のビッグデータ活用を視野にいれながらも、低コストで今目の前にあるDBシステムの課題を解決するDB最適化手法について、事例やデモを交えながらご紹介します。

セミナー概要

■開催日
2012年06月22日(金)
■時間
14:00~17:15 (受付開始:13:00)
■会場
EMCジャパン株式会社 本社 セミナールーム(新宿マインズタワー20F)

東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー

■主催
EMCジャパン株式会社
■協賛
株式会社オージス総研
■参加対象者
既存DBのコスト増など課題をお持ちのエンドユーザー様
将来のビッグデータ活用に向けた取り組みを検討していらっしゃるエンドユーザー様
■定員
60名
■参加費
無料
(事前登録制)
本セミナーは EMCジャパン株式会社 セミナー申込ページ
http://japan.emc.com/microsites/japan/seminar/gpws-0622.htm
よりお申し込みください。

プログラム

※ 内容・時間などは、告知なく変更されることがございます。
14:00~14:45 先が読めない時代に必要な「速さ」と「安さ」を両立させるDB環境構築
講演者:EMCジャパン株式会社 マーケティング本部


・既存DBシステムのコストが高い、性能が落ちてきている、バッチ処理が終わらないなど、今ある課題を解決するDB最適化
・今後のビジネス拡大をにらんで、必要な時に適切なコストで拡張できるDBシステム
これらを実現するDB環境においてGreenplum DBが最適な理由をそれぞれのビジネスシーンごとにご説明します。
14:45~15:30 実際にこれだけ変わる!DBのコストパフォーマンス
~ビックデータ時代のデータ利活用に向けて~

講演者:株式会社オージス総研 ソリューション開発本部
エンタープライズソリューション第二部
シニアITスペシャリスト 杉本 浩秋


目まぐるしく変化する企業を取り巻く環境において、各業務システムから得られたデータを利活用することが、企業の競争優位性を保つための必須事項となりつつあります。
本セッションでは、オージス総研が考えるデータ利活用の全体像をご説明し、弊社が実際に行ったGreenplum DBと従来型RDBとのコストパフォーマンス比較検証の結果をご紹介します。
15:30~15:45 休憩
15:45~16:30 Hadoopによるデータ解析とエンタープライズ利用のポイント
講演者:株式会社オージス総研 プラットフォームサービス本部
IT基盤ソリューション第三部 杉野 真士


・Hadoopを利用したデータ解析事例をご紹介します。
・企業におけるHadoop利用のポイントについて、弊社での利用実績をベースにご説明します。
16:30~17:15 Greenplumデモ と 導入事例のご紹介
講演者:EMCジャパン株式会社 グリーンプラム事業本部


・小さく始めてビジネスの成長に応じて拡張できるGreenplum DBの、スケールアウトによってパフォーマンスが向上していく様子や、高速データ・ローディングの機能についてデモでご紹介します。
・Greenplum DBによって大きくDBの性能向上が実現できた事例をご紹介します。

交通アクセス

このページのお問い合わせはこちら