【3月開催】触って見えてくる!スマートデバイス管理のポイントセミナー

2013年02月12日

利用用途に応じたセキュリティ対策の整理とハンズオンによる検証

 企業内で導入の検討が進んでいるスマートデバイス。スマートデバイス導入の期待効果としては、「1.外出先から業務システムの利用を行い、業務効率を改善する。」、「2.社内コミュニケーションの活性化を促進する。」、「3.災害時のBCP対策として、出勤できなくなった社員の業務環境を改善する。」しかし、スマートデバイスの導入目的や用途によっては、セキュリティポリシーの策定内容や運用方法も異なります。本セミナーでは、利用ケースによって本当に必要なスマートデバイスの管理について解説し、当社のMDM(モバイル デバイス マネジメント)サービスを操作していただきながらスマートデバイスのポリシー作成についてご説明いたします。本セミナーを通して、お客様のスマートデバイス導入~運用管理のポリシー作成にご活用いただけます。

 

本セミナーの参加申込みは締め切りました、お問い合わせいただきましたら、次回開催の予定が決まり次第ご連絡さしあげます。

セミナー概要

■開催日
2013年03月12日(火)
■時間
15:00~17:00 (受付開始:14:30)
■会場
品川インターシティA棟12階 オージス総研 東京本社
■主催
株式会社オージス総研
■協賛
丸紅テレコム株式会社
インヴェンティット株式会社
■参加対象者
情報システム部門、経営企画部門、総務部門の方
■定員
10名
■参加費
無料
※事前登録制
 定員になり次第、締め切らせていただきます。

プログラム

※ 内容・時間などは、告知なく変更されることがございます。
15:00-15:05 開会のご挨拶
15:05-15:35 【講演】 「何に使いたい」から見えてくるデバイス管理のアプローチ
講演者:株式会社オージス総研 プラットフォームサービス本部 サービスビジネス第三部 奥野 章人 


 企業毎に、スマートデバイスの活用方法は異なります。しかし、使い方は大きく分けて3つに分類することができます。そこで、実際にスマートデバイスの活用事例を元に「導入した背景から活用方法」を参考にしながら想定されるリスクを検討します。
15:35-16:45 【ハンズオン】 体感するスマートデバイス管理
講演者:株式会社オージス総研 プラットフォームサービス本部 サービスビジネス第三部 黒田 周作


 ハンズオンでは、スマートデバイスの活用シーンからリスクを想定し、管理ポリシーの作成を検討します。参加者の方には、MDMサービスの管理画面とスマートデバイスを操作して体感いただけます。
 ・リモートワイプの実行
 ・リモートロックの実行など
16:45-17:00 質疑応答・閉会

交通アクセス

品川インターシティA棟12階 オージス総研 東京本社
〒108-6013
東京都港区港南2丁目15番1号 品川インターシティA棟12F

このページのお問い合わせはこちら