SysMLツールベンダー3社揃い踏みシステムモデリング事例&ツールセミナーセミナー

2014年09月26日

~ここだけでしか聞けない!ユーザー事例とツールパワーでシステムモデリングを加速させよう!

「システムモデリング」に取り組み始める企業は年々増加傾向にあります。しかしまだ適用事例は少なく、ツール選定における判断材料も乏しいため、導入に二の足を踏んでおられる方も多いのではないでしょうか。
本セミナーは、そのような方を対象にした、システムモデリングの実践企業とツールの主要ベンダー3社が集う日本初のイベントです。実践企業からは取り組みの動機や過程、その効果について事例を交えて紹介します。日本IBM・チェンジビジョン・スパークスシステムズジャパンの3社からはツールの必要性や使いどころを各社の視点でお伝えします。さらにシステムモデリング実践者とツールベンダー3社による本音を交えたパネルディスカッションも実施します。
ツールのデモ・展示スペースも用意し、システムモデリングやツールに深く触れることができる機会と場を提供します。

 

※定員に達したため、本セミナーの申込受付を締切りました

セミナー概要

■開催日
2014年09月26日(金)
■時間
13:00~17:00 (受付開始:12:30)
■会場
富士ソフトアキバプラザ 6F セミナールーム1

※6階まで至るのは、エレベータE、F(建物奥のファミリーマート向かい)のみです。

ご注意ください。

■主催
株式会社オージス総研
■協賛
スパークスシステムズジャパン株式会社、株式会社チェンジビジョン、日本アイ・ビー・エム株式会社
■参加対象者
製造業およびその関連会社において、組み込み機器の開発に携わる方々、およびそのマネジメントに携わる方々
■定員
110名  ※定員に達したため、本セミナーの申込受付を締切りました
■参加費
無料
事前登録制

プログラム

※ 内容・時間などは、告知なく変更されることがございます。
13:00~13:10 開催のご挨拶
講演者:株式会社オージス総研 組み込みソリューション第一部 青木淳

13:10~13:35 コマツにおけるモデルベースシステムエンジニアリングの取り組み
講演者:株式会社小松製作所 開発本部システム開発センター 永田紀孝 様

コマツでは昨年度よりオージス総研様コンサルティングのもとMBSEでの検討を進めている。
今回、ユースケース図、要求図、アクティビティ図等を使用した一例を紹介します。
13:35~14:00 SysMLを用いたモデルベース開発による安全・高信頼なロボットシステム
講演者:独立行政法人産業技術総合研究所
知能システム研究部門 ディペンダブルシステム研究グループ長 中坊 嘉宏 様


ヒューマノイド型の産業用双腕ロボットや介護ロボットなど、今までにないロボットシステムの開発に、SysMLによるモデルベース開発を適用した事例を紹介します。人との共存を前提とし、高度なサービスを提供する複雑なシステムに対して、安全性と信頼性を保ちつつユーザニーズに応じた要求分析や機能拡張を行うことが可能となります。


14:00~14:25

--休憩15分--
システムエンジニアリング導入への取り組みと事例
講演者:株式会社リコー
ワークソリューション開発本部 第3開発室 開発2G 馬場 洋 様


現場で起きている問題から、上流設計での欠陥が及ぼす製品開発への影響の大きさに気づき、最上流の改善、品質の作りこみにSysMLを利用したシステムエンジニアリング手法を導入しています。その取り組みについて紹介したいと思います。
14:40~14:50 システムモデリングのちょっとしたコツ
~知識だけでも、ツールだけでもモデリングはできない~

講演者:株式会社オージス総研 組み込みソリューション第一部 青木 淳

SysMLは表記法なので、文法を知っていれば良いモデルが書けるという訳ではありません。ツールも道具でしかないので良いツールがあれば良いモデリングが出来る訳でもありません。本講演では、お客様のモデリング指導から見えてきたモデリングのコツをご紹介します。
14:50~15:15 システムのモデリングおよび検証ツールRational Rhapsodyのご紹介
講演者:日本アイ・ビー・エム株式会社
ソフトウェア事業 ラショナル事業部 苅部 慎介 様


システム開発の成功のためには、システム要求および設計を明確に表現するとともに、それらを早期に検証して、抜け漏れや曖昧さを取り除く活動が必須です。本セッションでは、SysMLによるシステムのモデリングと、モデルの実行による検証を支援するRational Rhapsodyをご紹介します。また、モデリングを支援する周辺環境についてもご紹介します。
15:15~15:40 astahで始めるSysMLモデリング
講演者:株式会社チェンジビジョン 代表取締役社長 平鍋 健児 様

国内、海外で50万人のユーザ数を誇るastahシリーズ。マルチプラットフォームで動作するSysMLエディションをデモを含めてご紹介します。


15:40~16:05

--休憩15分--
SysMLモデリングにおけるツールの効果的な活用法
講演者:スパークスシステムズジャパン株式会社 代表取締役 河野岳史 様

モデリングツールEnterprise Architectを実際に使用しながら以下の2点について紹介します。
・SysMLのモデリングを行う場合の注意点について、ツールがどのように効果を発揮するのか
・ツールを利用するとどのような点で役に立つのか
16:20~16:50 現場視点からのシステムモデリング初めの一歩
~ここだけでしか聞けない!実践者VSツールベンダー本音トーク~

・株式会社小松製作所 開発本部システム開発センター 永田紀孝 様
・独立行政法人産業総合研究所
 知能システム研究部門 ディペンダブルシステム研究グループ長 中坊嘉宏 様
・株式会社リコー 画像システム開発本部 第3設計センター第4設計室 徳丸弘 様
・日本IBM株式会社  ソフトウェア事業 ラショナル事業部 苅部慎介 様
・株式会社チェンジビジョン  代表取締役社長 平鍋健児 様
・スパークスシステムズジャパン株式会社 代表取締役 河野岳史 様
・株式会社オージス総研 組み込みソリューション第一部 青木淳

システムモデリング実践者に取り組みを始めたきっかけやツールの良し悪し・今後ツールに期待する事などを紹介して貰い、ツールベンダー側にどのように対応していくか答えて貰います。筋書きのないパネルディスカッションなので、何が飛び出るかは当日次第です。

交通アクセス

このページのお問い合わせはこちら