「データ利活用の勘所」をお教えします。【大阪8/5】セミナー

2015年08月05日

~ビッグデータの海で漂流しないために~

近年ビッグデータという言葉が世の中に定着しつつありますが、データを十分活用できているという企業は決して多くありません。

たくさんの事例、たくさんのツールがある中で、情報収集にとどまってしまい、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまっているかもしれません。

本セミナーでは、データ利活用のために必要な勘所をご紹介し、現在取り組み中、またはこれから取り組みを進められる方に参考としていただける情報をご提供させていただきます。

また、このたび事例紹介として、京阪電気鉄道におけるデータ利活用の取り組みについて、現場でご活躍されている経営統括室の清水様にご講演いただきます。データ分析を施策としてグループ企業にどのように展開されているかをお客様自らご説明いただける貴重な機会です。

是非ともご来場いただき、皆様の課題解決のヒントとしてお役立ていただければ幸いです。

セミナー概要

■開催日
2015年08月05日(水)
■時間
14:00~17:10 (受付開始:13:30)
■会場
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 大阪支店セミナールーム
■主催
株式会社オージス総研
■協賛
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
■参加対象者
・情報システム部門、データ利活用・データ分析を担当されているユーザー部門の方
・データ分析をグループ企業に展開していく方法を模索されている立場の方
・データ利活用の必要性は感じているが、どのように推進すればよいかお悩みのご担当者様
■定員
70名
■参加費
無料
事前登録制
※当セミナーのお申込み時に入力いただきました個人情報は、協賛企業である伊藤忠テクノソリューションズ株式会社と共有させていただく旨ご了承のうえ、以下の「お申し込みはこちら」の入力フォームからお申込みください。
また、伊藤忠テクノソリューションズの個人情報の取り扱いについては、以下URLをご参照ください。
http://www.ctc-g.co.jp/utility/security_policy.html?link_id=ft_14

プログラム

※ 内容・時間などは、告知なく変更されることがございます。
14:00~14:05 開会のご挨拶
14:05~14:35 オージス総研による、データ分析戦略の進め方
講演者:株式会社オージス総研  データアナリシス部
 データ分析戦略コンサルタント 藤本 正樹


企業におけるデータ利活用は、
1. データ分析を実施し
2. そのアウトプットを施策化し
3. (良好な結果が得られれば)業務活用の定着化として、業務系システムや情報系システムに組み込む開発を行う
というサイクルが回っていることが望ましいと考えられます。しかし、このサイクルを継続的に回していくには様々な課題を解決していく必要があります。
本セッションでは、上記サイクルの構築・運営を効率的に実施できる統合フレームワークである「OGISデータ分析戦略フレームワーク」とその適用事例をご紹介いたします。
14:35~15:15 オージス総研が実践する「ビッグデータ利活用」の勘所
講演者:株式会社オージス総研 データアナリシス部
 データ分析戦略コンサルタント 小林 祐介


データ利活用基盤を作っても、使ってもらえなければ意味はありません。
日経コンピュータで5回にわたり連載した内容から、ビッグデータ利活用を成功に導くための重要ポイントをご紹介します。
多くの一般企業様や大阪ガス様向けに、弊社がご提供しているデータ利活用支援の実績をベースに開発した総合的かつ具体的なアプローチです。今回は、方針策定、要求定義、全体アーキテクチャ―、組織化、メタデータの全ての要素を概観します。
15:15~15:30 休憩(15分)
15:30~16:15 共通ポイントプログラムデータ分析によって、 グループシナジーを高める組織的な活用方法
~京阪グループの取組と展開~

講演者:京阪電気鉄道株式会社 経営統括室
 事業推進担当(マーケティング・宣伝)課長 清水 裕介 氏


企業の業務課題を解決するために必要な、計画立案、基盤構築、教育をデータ分析で実施した事例について、京阪電気鉄道株式会社様にご紹介いただきます。
新基盤導入にあたっての背景や課題、その解決に向けた取り組み、および導入後に実施された施策について、ご担当者自身の生の声をお聞かせいただきます。
分析基盤導入をお考えの皆様のご参考になれば幸いです。
16:15~16:55 ビッグデータの現状とCTCの取組み
講演者:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 ITインフラ技術推進第2部
 ビッグデータ基盤技術推進課 瓜田 幸代


マルチベンダーSIer視点でのビッグデータの現状と今後展開、および弊社のビッグデータビジネスへの取組みについてご紹介いたします。
16:55~17:10 質疑応答、個別相談

交通アクセス

関連コンテンツ

このページのお問い合わせはこちら