サービスデザイン思考ワークショップ ~行動観察による、ユーザへの共感と発見~  【06/15】セミナー

2016年06月15日

~潜在ニーズをとらえる~

デジタルビジネス化の一環の流れで、IoT(Internet of Things)により、“モノ”がインターネットにつながっていきます。そして、IoTを使った全く新しいサービスや製品が出てきています。
IT関係者としても、これらの新しい技術に対応することも必要ですが、IoTを使ってどのようなサービスや製品が欲しいのかエンドユーザ自身も良くわかっていません。IT関係者は、エンドユーザ自身も気が付いていない潜在的ニーズとらえていかないと、エンドユーザに提供するサービス、製品に適切にITを活かせません。これをサポートするのが行動観察×サービスデザイン思考です。


マーケティングの世界では、アンケートやインタビューなどで言語化できるニーズだけでなく、ユーザ自身も気づいていない潜在的なニーズをとらえることが必要をされています。生産現場では、潜在的なリスクの抽出や人間の心理面やモチベーションの向上といった定性的なテーマに対する取り組みが求められています。
それらの課題に取り組むために、ユーザの無意識の行動など現場の事実・実態を捉え、それらを心理学や人間工学など、学術的知見により分析する「行動観察」手法が注目を集めています。


本セミナーでは、オージス総研 行動観察リフレーム本部(行動観察研究所)エグゼクティブリサーチャー 小野 泰を迎え、マーケティングにおける「行動観察」手法の概要や事例をご紹介し、システム開発の超上流でのユーザ理解のヒントとなればと考えております。また、実際のユーザの生活現場を撮影した動画をもとに、観察による気づき、共感のワークを体験していただきます。


システム開発の上流工程において、真のユーザーニーズを獲得したい方、は、是非、ご参加下さい。


行動観察研究所ウェブサイト:http://www.kansatsu.jp/


※当日、写真撮影をさせて頂き、後日WebページやFacebookなどに掲示する場合があります。


※定員に達したため、本セミナーの申込受付を締切りました


セミナー概要

■開催日
2016年06月15日(水)
■時間
15:00~17:50 (受付開始:14:30)
■会場
オージス総研 東京本社 12階 A01+A02+A03会議室
■主催
株式会社オージス総研
■参加対象者
・システム開発の超上流工程において、真のユーザーニーズを獲得したい方。
・行動観察の概要をお知りになりたい方。
・サービスデザイン思考を経営も含め、仕事に取り入れようと思っている方。
■定員
48名 (事前登録制) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
■参加費
有料
¥1,000 (実費)

プログラム

※ 内容・時間などは、告知なく変更されることがございます。
15:00-15:10 開会のご挨拶
講演者:ビジネスイノベーションセンター センター長 島本 道夫

15:10-16:50 行動観察 ベーシックセミナー
講演者:オージス総研 行動観察リフレーム本部 小野 泰

注目されているマーケティング手法である「行動観察」の概要や事例をご理解いただきます。
システム開発の超上流で必要とされるユーザの潜在ニーズを抽出にも適用できる手法です。
16:50-17:00 休憩
17:00-17:40 ファインディング・ワーク
講演者:オージス総研 行動観察リフレーム本部 小野 泰

動画を教材に、実際に観察による「気づき」出しの体験個人ワークを行います。
17:40-17:50 まとめ
質疑応答・閉会
18:00-19:30 懇親会(立食) 

交通アクセス

このページのお問い合わせはこちら