「オープンソースの脆弱性にどう対処するべきか」セミナー開催セミナー

2017年02月10日

近年、Bashで発生した脆弱性問題「ShellShock」、OpenSSLで発生した脆弱性問題「Heartbleed」など、オープンソースの脆弱性が大きな問題となりました。
国内でも、クレジットカード会社でこれらの脆弱性を悪用した不正アクセスがあり、個人情報が流出するなどの被害が出ています。
また、多くの企業が、これらの対応に膨大な時間を費やすこととなりました。

オープンソースの脆弱性がこのように大きな問題となったのは、オープンソースが既に「社会インフラ」となっている現状があります。もはやどのような企業でも、なんらかの形でオープンソースを利用しており、このようなリスクと無関係ではありません。

 

本セミナーでは、企業がどのようにオープンソースの脆弱性に取り組むべきか、具体的な方法をご提案します。

 

お申し込みはこちらから(オープンソース活用研究所マジセミサイト)

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/55885

セミナー概要

■開催日
2017年02月10日(金)
■時間
15:00~16:50 (受付開始:14:30)
■会場
オージス総研 東京本社
■主催
株式会社スタイルズ、株式会社オージス総研
■協賛
オープンソース活用研究所(協力)
■定員
30名
■参加費
無料

交通アクセス

このページのお問い合わせはこちら