機械学習自動化プラットフォーム活用セミナー【名古屋開催】セミナー

2018年02月15日

DataRobot 社シバタ氏が語る。IoT 時代を支える機械学習への新たなアプローチ

現代社会ではデジタル化がますます進み、企業や組織には数多くのデータが集まっています。
そのようなデータを有効活用するためには、高度なデータ分析が必要であり、それに伴い、データサイエンティストへのニーズも高まりつつあります。
とはいえ、優秀なデータサイエンティストが不足しているなか、多くの企業や組織では、データ収集、加工および分析モデルの検討に多くの時間を要し、肝心のデータ分析や利活用にまで至っていないという課題を抱えておられます。
本セミナーでは世界最高峰のデータサイエンティストの知見や経験、ベストプラクティスによって、データサイエンティストを支援する世界最先端のAI / 機械学習プラットフォームをご紹介いたします。
この貴重な機会にぜひご来場いただき、データ分析を効果的に進めるための一助にしていただきたく、ご案内申し上げます。

セミナー概要

■開催日
2018年02月15日(木)
■時間
14:30~17:00 (受付開始:14:00)
■会場
ミッドランドホール 会議室B

名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア オフィスタワー5F

■主催
株式会社オージス総研
■協賛
DataRobot, Inc.
■参加対象者
データ分析業務を効率化したい方
(IoT利活用、データ利活用・データ分析を担当されている方)
■定員
30名
■参加費
無料
※事前登録制

プログラム

※ 内容・時間などは、告知なく変更されることがございます。
14:30~14:35 開会のご挨拶
14:35~15:35 DataRobot ~機械学習の自動化がAIの民主化を加速する~
講演者:DataRobot, Inc. チーフデータサイエンティスト シバタアキラ氏

世界のトップデータサイエンティストが働く DataRobot, Inc. にて、 2015年よりデータサイエンティストとして、日本マーケットを担当している Chief Data Scientist のシバタアキラ氏を講師としてお招きしました。
本セッションでは、今をときめく世界最先端の AI / 機械学習プラットフォームである DataRobot について講演していただきます。
15:45~16:25 機械学習自動化の必要性とデータ分析戦略
講演者:株式会社オージス総研 データアナリシス部 マネジャー 杉本 浩秋

世の中のトレンドは、ビッグデータから IoT へ移り変わり、よりデータ分析の重要性が増しています。オージス総研は大阪ガス情報通信部ビジネスアナリシスセンターと密接な連携をとりながら、一般の企業様に「データ分析戦略」としてデータ分析ソリューションをご提供してまいりました。
本セッションでは、IoT に必要となるアナリティクスをどう実現していくか、DataRobot の事例を交えて解説いたします。
16:25~16:45 IoT 利活用による新たな価値提供の実現
講演者:株式会社オージス総研 IoT推進プロジェクト部 コンサルタント 小山 孝司

昨今の企業においては、物理的な「モノ」の取引を広げるだけではその成長を支えることが難しくなっており、顧客に価値を提供する「コト(IoTサービス)」を構想し、実現していく必要性がより一層高まっています。
本セッションでは、オージス総研の IoT に対する考え方、および「IoT による新たな価値提供」の取り組みを進める上でのポイントを、製造業のアフターマーケットにおける事例・ケーススタディを織り交ぜて説明いたします。
16:45~17:00 質疑応答、個別相談

交通アクセス

ミッドランドホール 会議室B

・名古屋駅 徒歩5分

・地下鉄名古屋駅 徒歩1分

・名鉄名古屋駅・近鉄名古屋駅 徒歩3分

このページのお問い合わせはこちら お申し込みはこちら