急速に変化するEDI環境への影響と対策セミナー【5/18大阪】セミナー

2018年05月18日

~INSネットディジタル通信モード終了!クラウド・コンピューティングの急速な普及!~

NTT西日本による「固定電話のIP網への移行後のサービス及び移行スケジュールについて」発表あり!
EDI市場調査の発表あり!

INSネットディジタル通信モードのサービス提供終了、ERPなどの基幹システムのクラウド化など企業間電子データ交換(EDI)を取り巻く環境は急激に変化し始めています。また現代の企業ITに求められている、ビジネス貢献度向上、変化適応性向上、AI/IoT/クラウドなどの先進テクノロジへの対応、といった要求を果たすには、多種多様なシステムやデータを繋ぐ「連携基盤」の構築が急務です。EDIは連携基盤の重要なコンポーネントであり、INS廃止に向けたマイグレーションという視点だけで自社次期EDIシステムを捉えると将来に大きな禍根を残すことも考えられます。



本セミナーでは、EDIを取り巻く国内外の最新動向を紹介し、俊敏性と柔軟性を具備する次世代連携基盤の目指すべき姿についてご紹介します。また、今後の効率的な運用を実現するために、弊社事例を通してEDIサービスの積極的な活用方法をご紹介いたします。


急速に変化するEDI環境への影響を知り、対策するために、是非、本セミナーをご活用ください。

セミナー概要

■開催日
2018年05月18日(金)
■時間
14:30~17:30 (受付開始:14:00)
■会場
ハービスENT オフィスタワー9階 1号会議室
■主催
株式会社オージス総研
■参加対象者
化学、商社、製造、SaaS事業者のIT担当者
■定員
30名
※同業他社からのお申し込みはお断りする場合がございます。
■参加費
無料
事前登録制

プログラム

※ 内容・時間などは、告知なく変更されることがございます。
14:30~14:35 あいさつ
講演者:オージス総研 奥野 公彦

14:35~14:55 固定電話のIP網への移行後のサービス及び移行スケジュールについて
講演者:西日本電信電話株式会社

14:55~15:10 INSネットディジタル通信モードの提供終了に対するJISAの取り組み状況
講演者:オージス総研 永壽 拓宏 (JISA EDIタスクフォースメンバー)

15:10~15:40 EDI最新動向とシステム連携基盤構築の指針
講演者:オージス総研 松井 宏樹

15:40~15:45

15:45~16:00
質疑応答

休憩

16:00~16:15 オージス総研のEDIサービス紹介
講演者:オージス総研 高月 正哲

16:15~16:35 【事例紹介】AWS・AS/400に対応したEDIサービスの導入事例
講演者:オージス総研

16:35~17:05 【事例紹介】BCP対応EDIサービスの商社への導入事例
講演者:オージス総研 門上 大一朗

17:05~17:25 【事例紹介】ERPシステムとの連携におけるEDIサービスの活用事例
講演者:オージス総研 南 慶紀

17:25~17:30 質疑応答

交通アクセス

このページのお問い合わせはこちら お申し込みはこちら