スクラム入門 アジャイルコース

アジャイル開発において最も採用されているスクラムを使ったプロジェクトの進め方を学習します。スクラム体験ゲームによりアジャイル開発における自己組織化、プロジェクトの可視化、仮説・検証のプロセスを学ぶことができます。

・スクラムを採用したプロジェクトの進め方を段階的に学習します。
・ブロック玩具を使った演習でスクラムの基本概念の理解を深めます。
・スクラムの大規模開発への適用例やこれからアジャイル開発を始める場合の実践上のポイントを紹介します。
・主要な技術プラクティスである「テスト駆動開発」と「継続的インテグレーション」を紹介します。

 

ブロック玩具を使った演習の様子

ブロック玩具を使った演習の様子

 

対象

  • スクラムに関する知識を習得したい方
  • スクラムを現場に取り入れたいと考えている方

達成目標

  • スクラムが定義する役割/イベント/成果物が理解できる
  • スクラムによる開発の流れを理解し、その特徴を説明できる

受講者の声

スクラムの流れや導入などが非常に参考になった。
講義内容と演習のどちらも良かった。
ブロック玩具を使ったスクラムの実践は非常に勉強になった。
知りたかったポイントが解決でき、とても有意義でした。
演習を体験して、スクラムの利点・難点を肌で感じることができた。有意義なセミナーでした。

前提条件

  • 「体験!アジャイル超入門」を受講済み、もしくは以下の条件を満たす
  • アジャイル宣言(アジャイルソフトウェア開発宣言)を知っている
  • アジャイル開発とウォーターフォール開発の違いを知っている

内容

 ※ 内容・時間などは、告知なく変更されることがございます。

 1. スクラムの基本

スクラムの基礎知識を学習する。

 2. スクラムによる開発の流れ

実際にスクラムを用いてソフトウェア開発を行う場合の基本的な流れを学習する。

 3. [演習]

ブロック玩具を使ったスクラム体験ゲーム

(スクラム開発を体験して、「自己組織化」「プロジェクトの可視化」「仮説・検証プロセス」を学びます。)

 4. スクラム導入のポイント

スクラムを導入する場合に気を付けなければならない点などを紹介する。

 5. 技術プラクティスの概要

スクラムと共に導入した方がよい技術プラクティス(テスト駆動開発、継続的インテグレーション)について紹介する。 

 

 

講義と演習の配分

講義5:演習5

関連資料ダウンロード

開催概要

■主催
株式会社オージス総研
■会場/日程

東京/品川インターシティ(弊社東京本社)

01月31日(水)

10:00~17:00 (受付中)

千里オフィス

02月23日(金)

10:00~17:00 (受付中)

東京/品川インターシティ(弊社東京本社)

03月16日(金)

10:00~17:00 (受付中)

■コース
1日コース
■受講料
40,000円(税抜)

3名以上の申し込みで、10%OFFイベント実施中!(2017年1月~)
適用条件はページ下部に記載してあります

■受講料のお支払いについて
【法人のお客様】
コース終了後に申込み者様宛てに請求書をお送りしますので、請求書に記載されている期日までに当社指定口座にお振込みください。(請求翌月末現金払い)
【個人のお客様】
個人で申込みいただいた場合は、受講料金を事前に当社指定口座にお振込みいただきます。
詳細につきましては、開催確定後にお送りしますメールでご案内差し上げます。
■マシン使用
なし
■オープン/オンサイト
オープン

3名以上の申し込みで、10%OFFイベント実施中!(2017年1月~)

<適用条件>

・2017年1月以降開催予定の研修が対象です

・同日開催の同一コースに対して、同一企業からの申し込みに限ります

・お客様の申し込み日が別であっても適用されます

・研修当日、欠席により3名未満になった場合は適用されません

このページのお問い合わせはこちら

お申し込みはこちら

ページトップへ戻る

研修・トレーニング