ロールプレイによるコミュニケーション力&提案力強化 超上流人材コース

「お客さまの立場に立ち、お客さまの価値を高める提案」ができるためのスキルにフォーカスした研修です。お客さまへのヒアリング、バランスドスコアカードを用いた戦略マップの作成、SWOT分析を活用したロールプレイを通して、より良い提案書を作成するプロセスを学習します。

研修を通して、講師陣がお客さまである架空企業の幹部役を演じます。お客さまへのヒアリング、仮説立案、分析を経て、お客さまへの提案を行う非常に実践的な内容です。
3日間コースについては、提案書作成と提案書のプレゼンテーションを通じて実践的な提案スキルも体得できます。

 

受講風景

IIBA

対象

  • 情報システム部門、業務部門、営業部門の方にかかわらず、顧客(社内・社外とも)接点のある方に受講いただけます。特に以下の方にお勧めします。
    ・提案営業のご担当
    ・システム企画のご担当
    ・業務企画のご担当

達成目標

  • お客様企業の成熟度レベルを評価し、その成熟度レベルに応じた適切な顧客価値向上提案ができる顧客対応スキルの獲得を到達目標とします。

受講者の声

実践を通して学ぶことができたので、ものすごく腹落ち感がありました。
今まで作った提案書が、お客さまのためを考えて作ったものかどうか、考えさせられました。

前提条件

  • 顧客接点があり、各職種において、ITSS/UISSのスキルレベル3以上に相当する方
  • 架空の企業に関する事前課題を必ず実施すること(2時間程度)
  • SWOT分析・戦略マップ・成熟度モデルを用いますので、前提知識としてあれば、なお効果的です。

内容

1日目

情報収集~分析~仮説立案~ヒアリング~仮説検証~クロスSWOT分析

事前課題から得た情報をグループでとりまとめて、分析を行い、仮説を立案する。その仮説を基にヒアリングのロールプレイを2回実施し、仮説検証を行う。その後、クロスSWOT分析により、提案の骨子を固めていきます。

2日目

戦略マップ~IT成熟度評価~提案シナリオ作成

提案の骨子を戦略マップで検証し、戦略テーマを決定する。一方で、現状システム評価から顧客のIT成熟度を見極め、最適な提案シナリオを作成します。

3日目

提案書作成~提案プレゼンテーション~プレゼンテーション評価

提案書を作成し、提案プレゼンテーション練習後に架空企業の幹部に提案プレゼンテーションを実施し、その講評を行いクロージングとなります。

注:本コースは、グループ(4人程度)演習中心です。上記に掲載したワークは全てグループで実施していた
だきます。また、2日間コースの場合は、提案シナリオの発表で終了とします。プレゼンテーション力の強化
までを目標とする場合は、3日間コースをお勧めします。

 

IIBA(R)、BABOK(R)、およびBusiness Analysis Body of Knowledge(R)は、International Institute of Business Analysisの登録商標です。
EEP、およびEEPのロゴはInternational Institute of Business Analysisの商標です。

講義と演習の配分

講義1:演習9

開催概要

■主催
株式会社オージス総研
■会場/日程
ご相談ください
■コース
2日もしくは 3日コース ※7時間/1日 <例> 10:00~18:00
■受講料
ご相談ください
■受講料のお支払いについて
【法人のお客様】
コース終了後に申込み者様宛てに請求書をお送りしますので、請求書に記載されている期日までに当社指定口座にお振込みください。(請求翌月末現金払い)
【個人のお客様】
個人で申込みいただいた場合は、受講料金を事前に当社指定口座にお振込みいただきます。
詳細につきましては、開催確定後にお送りしますメールでご案内差し上げます。
■マシン使用
あり
■オープン/オンサイト
8名以上20名までの受講者で、オンサイトでの実施とします。

このページのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る

研修・トレーニング