コンポーネント指向入門 IT基礎コース

コンポーネント指向の考え方をCOBOL等を活用した構造化手法と対比させて紹介します。

企業情報システムの部分最適から全体最適への流れを受けて、モデリングによる可視化や、コンポーネント開発が有用であることは言うまでもありません。
本コースでは、ソフトウェア部品を組み合わせてシステムを構築するコンポーネント開発の概要を紹介します。
また、モデリングやコンポーネント開発のベースとなっている「オブジェクト指向」技術や、システムを仕様化・可視化・文書化するための表記法であるUML(統一モデリング言語)の概要を紹介します。

対象

  • 今後コンポーネント指向を使ったシステム開発に携わる方

達成目標

  • コンポーネント指向の基本概念を理解すること
  • コンポーネント指向を実現するために必要なオブジェクト指向の基本概念と、UMLによるモデリングの概要を理解すること

前提条件

  • なし

内容

本コースは、コンポーネント指向の考え方をCOBOL等を活用した構造化手法と対比させて解説します。
COBOLエンジニアの方々がコンポーネント指向を理解するために最適なコースです。

 

<テキスト構成>
第1章 コンポーネント指向登場の背景
第2章 コンポーネント指向とは?
第3章 コンポーネント指向の適用事例
第4章 オブジェクト指向の基本概念
第5章 UMLの概要
第6章 モデリング演習

 

開催概要

■主催
株式会社オージス総研
■会場/日程
ご相談ください
■コース
1日コース ※6時間/1日 <例> 10:00~17:00
■受講料
ご相談ください
■受講料のお支払いについて
【法人のお客様】
コース終了後に申込み者様宛てに請求書をお送りしますので、請求書に記載されている期日までに当社指定口座にお振込みください。(請求翌月末現金払い)
【個人のお客様】
個人で申込みいただいた場合は、受講料金を事前に当社指定口座にお振込みいただきます。
詳細につきましては、開催確定後にお送りしますメールでご案内差し上げます。
■マシン使用
なし
■オープン/オンサイト
オンサイト

このページのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る

研修・トレーニング