UML実践モデリング(特修コース) モデリングコース

UMTP-L3試験対応コースです。正確なモデルの書き方を理解するために、L3試験の類似問題を通して、拡張性や変更容易性の点で品質の高いモデルを書くための考え方を学習します。

モデルをレビューするには「より良いモデルの考え方」を理解している必要があります。

そして「より良いモデルの考え方」を理解するには、まず「正確なモデルの書き方」を理解している必要があります。

本コースでは、UMLモデリング技能認定試験L3レベル相当のモデリング問題を使って「正確なモデルの書き方」に加えて「より良いモデルの考え方」を習得します。 

対象

  • 拡張性や変更容易性などを考慮して、実務でモデリングを行う方
  • 他人が作成したモデルをレビューする方

達成目標

  • UMLを使って正確なモデルが書ける。
  • より良いモデルに対する考え方を理解している。

受講者の声

クラス図・オブジェクト図の演習の数がとても多くて、モデリングのスキルが格段に上がったと思います。この研修では、事前予習や研修後の復習が特に重要だと感じました。
演習問題が、幅広いテーマを取り扱ってるので、楽しく理解を深めることができます。各回のモデリング演習をこなしていくことで、モデルを読むコツや、良いモデルを見極めるコツが段々とつかめてきました。
OCLについて、よくまとめられている参考書が少ないため、この研修を受けて大変有益でした。
演習の解説で、クラス図を完成させる手順が段階的に説明されている点がとてもわかりやすいです。
L3試験の受験準備として、効果的だと感じました。

前提条件

  • UMLモデリング技能認定試験L2レベルに合格している。
  • あるいは、開発でモデリングを担当しており、他者のモデルの意味を理解できる。

内容

研修の位置づけ

研修の位置づけ

研修の進め方

研修の進め方

 

モデリング練習

「問題記述を読んでモデルを書く」という練習を通して、正確なモデルを書く経験を積みます。身の回りにある題材を元に、UMLのクラス図を使ってグループでモデリングします。

 

L3モデリング類似問題

L3レベル相当のモデリング問題を実施した後に、講師による解説とディスカッションを通して、より良いモデルに対する考え方を身につけます。

 

講義

より良いモデルの考え方に対する知識を補うために、講義でOCP(解放/閉鎖)等の設計原則を紹介します。

 

 

 

講義と演習の配分

講義2:演習8

開催概要

■主催
株式会社オージス総研
■会場/日程

ご相談ください

■コース
例:7時間×3回(隔週ペース)
■受講料
180,000円(税抜)
■受講料のお支払いについて
【法人のお客様】
コース終了後に申込み者様宛てに請求書をお送りしますので、請求書に記載されている期日までに当社指定口座にお振込みください。(請求翌月末現金払い)
【個人のお客様】
個人で申込みいただいた場合は、受講料金を事前に当社指定口座にお振込みいただきます。
詳細につきましては、開催確定後にお送りしますメールでご案内差し上げます。
■マシン使用
なし
■オープン/オンサイト
オープン

このページのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る

研修・トレーニング