組み込み設計モデリング・実装 モデリングコース

設計に関する知識を学習し、設計モデルをUMLでモデリングするスキルと設計モデルから実装するスキルを学習します。

オブジェクト指向の設計方法と、設計モデルをもとに C++による実装を学習 します。
設計の概念、アーキテクチャ設計・詳細設計等の手順を学習します。 (設計を行う際に気をつけなければならない点を中心に講義を行います。)
設計モデルの作成演習や、設計モデルをもとにC++で実装する演習を通して、オブジェクト指向の設計に対する理解度を深めて頂きます。

対象

  • UMLとC++の基本的な知識を習得されている方で、それらを活用した設計方法を新たに学習したい方。

達成目標

  • 分析モデルから設計モデルを作成できる。
  • 複数のクラスから構成された設計モデルをもとに、C++の実装ができる。

前提条件

  • C++によるオブジェクト指向プログラムが作成できる。
  • UMLの基礎的知識(UMTP L1程度)を有する。
  • UMLにより記述されたごく簡単なモデルをもとに C++ の実装ができる。

内容

1. アーキテクチャ設計の概要
アーキテクチャ設計の位置づけと目的を紹介します。 アーキテクチャとしての検討事項を取り上げ、アーキテクチャ設計の全体像を理解します。

 

2. 詳細設計の基礎
詳細設計の位置づけと目的を紹介します。詳細設計の手順と成果物を演習を通じて学習します。分析から設計、設計から実装までのつながりを理解し、詳細設計を実践できるスキルを習得します。

 

3. 演習
「分析モデリング実践」コースで分析した踏切制御システムの 分析モデルをインプットに詳細設計、実装を行います。 PC 上で動作する踏切制御システムのシミュレーターを用いて 動作確認を行います。

講義と演習の配分

講義4:演習6

開催概要

■主催
株式会社オージス総研
■会場/日程

東京/品川インターシティ(弊社東京本社)

■コース
2日コース 
■受講料
ご相談ください
■受講料のお支払いについて
【法人のお客様】
コース終了後に申込み者様宛てに請求書をお送りしますので、請求書に記載されている期日までに当社指定口座にお振込みください。(請求翌月末現金払い)
【個人のお客様】
個人で申込みいただいた場合は、受講料金を事前に当社指定口座にお振込みいただきます。
詳細につきましては、開催確定後にお送りしますメールでご案内差し上げます。
■マシン使用
あり
■オープン/オンサイト
オンサイト

このページのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る

研修・トレーニング