メンタリングサービス コース

仮想プロジェクトによるオブジェクト指向開発体験サポート

開発メンバーが実案件のシステム開発に移行する前に、オブジェクト指向開発を経験できます。メンタリングでは、お客様が中心となって仮想プロジェクトを進めていただき、当社のエンジニアがプロジェクトの進め方や成果物に関してアドバイスを行ないます。



これまで、オブジェクト指向にかかわらず、座学による集合教育(トレーニング)がさまざまな分野で行なわれてきました。しかし、一般的に、集合教育のみでは知識は身につきますが、経験は身につきません。このことから、集合教育とシステム開発との間に、何らかの教育が必要であると考えられています。開発メンバーが自分から手を動かし、経験を深めることのできるような仕組みが必要とされているのです。

オージス総研では、オブジェクト指向に関するメンタリングサービスをご提供します。メンタリングサービスは、教育を目的とするサービスです。開発メンバーが実案件のシステム開発に移行する前に、オブジェクト指向開発を経験できます。メンタリングでは、お客様が中心となって仮想プロジェクトを進めていただき、当社のエンジニアがプロジェクトの進め方や成果物に関してアドバイスを行ないます。

このページのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る

研修・トレーニング