大分大学との連携 コース

UMLによるモデリング力を強化する4日間夏季集中講義

「オブジェクト指向設計方法論」実施
2005年9月、オージス総研は大分大学にて、オブジェクト指向とUMLを学び、モデリング力を高める4日間の集中講義を開催しました。


オージス総研でオブジェクト指向やUMLのトレーナを勤める村田修は、大分大学工学部の招きを受けて、2005年9月26日から29日までの4日間、15コマの特別講義を行ないました。
講義の目的は、学生たちがオブジェクト指向とUMLを学び、システム開発でのモデリング力を高めるということ。講義内容は、参加する学生たちにとって分かりやすく、かつ、退屈させず、受講後の研究に役立つことを念頭に置き、グループや個人でさまざまな課題をこなす時間を多く取りました。

学生たちは意欲的に活動に参加し、積極的な質問も数多くありました。また、グループ内で熱い議論を戦わせ、自分たちの意見をまとめる姿勢も見られました。
講義を終え、当初予想していた以上に、オブジェクト指向やUMLについて、理解を深めていただけたと考えています。

●受講した学生のコメント
「わかりやすかった」「演習をすることでよく理解できた」

●末田直道教授のコメント
学生たちに聞いてみましたが、皆かなり役に立ったと言っておりました。
丁寧な指導と充実した教材のおかげであると、感謝しております。
また、チャンスがあれば是非お願いしたいと思います。その時はまた、宜しくお願いいたします。

内容

タイトル 学習内容
1 イントロダクション オブジェクト指向を取り巻く技術動向
2 オブジェクト指向概論 オブジェクト指向技術の特徴とオブジェクト指向技術の優位性
オブジェクト指向のメッセージパッシングを体験
3 UML概論 UML表記法とダイヤグラム
クラス図などを描く
4 本質モデリング モデルを描く視点と手順を学び、現実にあるものをモデリングする
5 プロセス ソフトウエア開発における手順やルール
代表的なプロセスの例
6 ユースケース図 要求分析の結果をモデル化
7 クラス図(基本) クラスを発見し、クラス図を描く
8 シーケンス図 役割分散を理解し、クラスに操作を割り当てる
9 クラス図(役割分担) 外部とのやり取り、処理の流れ、業務の情報に分けてメンテナンス性を高める
10 クラス図(属性・操作) UMLからプログラムへのマッピング
11 UMLその他の図 状態遷移や物理的な側面を描く
12 パターン 再利用性の高いプログラム作成のノウハウを学ぶ
13 レポート 与えられた課題をUMLを用いてモデリングし、モデリングの力を確認する その1
14 レポート 与えられた課題をUMLを用いてモデリングし、モデリングの力を確認する その2
15 試験 UML表記法について理解を確認する

このページのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る

研修・トレーニング