ソフトウェア開発 新人立ち上げ編組み合わせ例

新人エンジニアが開発現場に配属される前に身につけておきたい技術スキルを体系的に習得することを目的としています。また、グループ形式の演習により、メンバ間のディスカッション、合意形成などを実践します。
研修の前半では、コンピューターの仕組みの理解、アルゴリズムの考え方、C言語による実装力を身につけます。研修の後半では構造化手法やテストの講義により、成果物の作成、検証のポイントを習得します。研修の最後ではミニプロジェクトを実施することで、技術的な知識を振り返るとともに、メンバ間のコミュニケーションの重要性や、作業分担、スケジュール管理、レビューといったプロジェクトを遂行していくために必要となる作業を実践的に体験します。

対象者

  • ソフトウェア開発に携わる新人エンジニア

前提条件

  • キータイピングができることが望ましい

到達目標

  • 開発プロセスの各工程の内容や成果物を理解できる
  • 構造化手法により、要求を整理、可視化できる
  • 構造化手法で設計された成果物をもとに、C言語で実装できる
  • 開発業務に携わる際に求められる事項(納期意識、スケジュール管理、役割分担、情報共有手段等)を理解している

コース紹介

  • アルゴリズム入門
    制御構造の基本を学び、アルゴリズムを読む、考える知識を学習します。
  • 構造化分析/設計
    構造化分析、構造化設計のそれぞれで実施する作業の内容、及び作成する成果物について学習します。
  • ネットワーク基礎
    ネットワークに関する基本知識(OSI参照モデル、TCP/IPプロトコル、TCP/IPを用いた各種サービス)について学習します。
  • データベース基礎
    データベースの概要を学習します。また、論理設計(正規化)やSQLによるデータ操作の基本を学習します。
  • UNIX/Linux入門
    UNIX/Linuxの代表的なコマンドやviによる操作を学習します。また、UNIX/Linuxにおけるディレクトリ、権限の考え方等を学習します。

コース概要

■価格(税込み)
ご相談ください
■期間
27日間~
■マシン使用
あり

コース内容

コース概要 Cプログラミング(8日間) テスト入門(2日間)

お問い合わせ

お問い合わせ

研修・トレーニングに関するお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る

研修・トレーニング