モデルベース開発 Webアプリケーション編組み合わせ例

オブジェクト指向技術の基礎から、Webアプリケーション開発に必要な基礎技術まで、幅広く学ぶことを目的としています。前半は講義と演習を通して基礎知識を学びます。後半はミニプロジェクトを通して仮想システム開発を体験し、学んだことがより深く身につくよう構成しています。

対象者

  • Webアプリケーションのモデルベース開発に携わる若手エンジニア
  • オープン系システム開発へのスキル転化を図るエンジニア

前提条件

  • ITの基礎的なスキルを有する

到達目標

  • オブジェクト指向開発の流れと、作成する成果物の関係が理解できる
  • クラスの構造やオブジェクトの振る舞いをUMLで記述できる
  • UMLにより記述されたモデルをJava言語で実装できる
  • Servlet/JSPとJDBCを使ったWebアプリケーションの仕組みを理解し、基本的な動きについて実装できる

コース概要

■価格(税込み)
ご相談ください
■期間
24日間
■マシン使用
あり

コース内容

コース概要 5. JDBCプログラミング (1日間) 6. Servlet/JSPプログラミング (2日間) 1. Javaプログラミング (6日間) 2. UMLモデリング入門 (2日間) 3. UMLによるJavaプログラミング (2日間) 4. UMLオブジェクト指向分析・設計 (3日間)

お問い合わせ

お問い合わせ

研修・トレーニングに関するお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る

研修・トレーニング