一般事業主行動計画策定についてお知らせ

2011年05月08日

一般事業主行動計画策定について

次世代育成支援対策推進法に基づき、社員が健康で働きやすい環境を作ると同時に、仕事と子育てを両立しやすい環境を整備するため、下記のとおり行動計画を策定します。

 

1.計画期間 
   平成23年4月1日~平成27年3月31日までの4年間

 

2.計画内容

 

 目標1: 計画期間内の育児休業の取得について以下の水準にする 

        女性社員…取得率は90%以上を維持すること
        男性社員…1人以上取得すること

 

 <対策>
  ・平成23年4月以降 男性の育児休業取得促進のため制度の周知を定期的に実施する。
              育児休業者には休業前に制度の説明を行うなどし、安心して休業取得
              できるよう支援を継続する。

 

 目標2: 育児を行う社員を対象とした各諸制度の周知

 

 <対策>
  ・平成23年4月以降 社内掲示板、社内報等を活用し、制度の周知を行う。

 

 目標3: 労働時間の削減策を実施する

 

 <対策>
  ・平成23年4月以降 「ノー残業デー」の新設を行い、労働時間削減の取り組みを行う。
              業務効率化の推進、ワークスタイルの変革をめざし、プロジェクト
              チームを結成し、全社としての取り組みを推進する。

 

 目標4: 全社員の有給休暇の取得を促進する

 

 <対策>
  ・平成23年4月以降 有給休暇取得を促進するため、以下の施策を実施する。
              (夏季1週間連続休暇の推奨、「有休取得促進日」の新設、
              「プロジェクト完了休暇」、「誕生日は休もうデー」の新設)
              取得率の低い社員に対してフォローを実施し有給休暇取得を促進する。

このページのお問い合わせはこちら

関連コンテンツ

特集ページ