オージス総研は兼松エレクトロニクスとの間で大容量ファイル転送サービス「オフィス宅ふぁいる便クラウド版」の販売代理店契約を締結しましたニュースリリース

2011年07月27日

株式会社オージス総研は、弊社が販売総代理店として販売している大容量ファイル転送サービス「オフィス宅ふぁいる便クラウド版」について、兼松エレクトロニクス株式会社(本社:東京都中央区 社長:榎本 秀貴以下KEL)との間で販売代理店契約を締結し、さらなる事業拡大を目指します。

◆ 販売代理店契約の締結
オージス総研はシステム構築やサービスビジネスで提携関係にあるKELとの間で「オフィス宅ふぁいる便クラウド版」の販売代理店契約を締結し、KEL経由での販売を2011年8月1日より開始致します。

<参考資料>
「オフィス宅ふぁいる便クラウド版」の概要

◆ 内部統制を強化した企業向けファイル転送サービス
メールの誤送信や可搬記憶媒体の紛失など、データの取り扱いミスによる情報漏えいは抜本的な対策が困難です。また社内ネットワークへの負荷からメール添付ファイルの容量制限を設定される企業も多く、データを安全かつ快適にやり取りするニーズは拡大し続けています。オージス総研はエルネットと共同で、企業で求められる内部統制機能を追加した「オフィス宅ふぁいる便」のパッケージ版に加え、サービス形式でも提供することで導入期間の短縮とコストの削減ニーズに応えています。

 

◆ 「オフィス宅ふぁいる便クラウド版」の概要と特徴
200万人以上の利用者を有する無料版の「宅ふぁいる便」とほぼ同じ基本操作と画面のため、本サービス導入時のユーザ教育やサポートの負荷を最小化します。また、設定管理・ユーザ管理・履歴検索機能など充実の管理機能により、企業ごとの運用ルールに柔軟に対応できます。さらに、オージス総研データセンターを利用することで、高度なセキュリティと強固なファシリティの上で、迅速に利用を開始出来るクラウドサービスとして提供を開始しています。

 

特徴1.メールサーバに負荷をかけることなく大容量データのやりとりがスムースに行えます。
特徴2.メールの誤送信や可搬記憶媒体の紛失などによる情報漏えい対策が強化できます。
特徴3.初期投資を最小化し、利用に応じた料金形式により資産を持つ必要がありません。
特徴4.社内システムとの連携などクラウド版の標準機能以外のご要望についてもパッケージ版を中心に柔軟にカスタマイズを承ります。

「オフィス宅ふぁいる便」ソリューションウェブサイト
http://www.ogis-ri.co.jp/pickup/takufile/index.html


以上

このページのお問い合わせはこちら

関連コンテンツ

特集ページ