日本経済新聞、産経新聞にて紹介されました:オージス総研とAWSは海外のITサービスで業務提携します。ニュースリリース

2011年09月12日

中国、シンガポール、フィリピンの拠点を活かし、海外でのサービスを拡充

 株式会社オージス総研は、株式会社AWS(本社:東京都港区、代表取締役会長:青木 正之、以下AWS)と、海外におけるITサービスについて、10月1日からの業務提携に合意いたしました。両社の経営資源を相互に活用し、中国・シンガポール・フィリピンでのITサービスを拡充します。

 

 オージス総研グループは、国内で培ったシステム技術や品質管理ノウハウをもとに、海外でシステム開発のアウトソーシングや、日系企業向けのIT支援を行っています。中国を拠点に、日本国内向けのシステム開発業務や管理業務の一部をアウトソーシングすることでコストダウンをはかるとともに、シンガポールを拠点に、現地の日系企業向けのシステム開発サービスやITサポートサービスを提供しています。

 

 一方、AWSグループは、システム開発やパソコン・プリンターなどのデジタル製品テストを強みとし、IT産業が急成長しているフィリピンを拠点に、日本国内企業および現地日系企業に対し、システム開発や製品テスト、ヘルプデスクサービスなどを提供しています。また、フィリピンにおいて、技術者向けの英語の研修サービスを提供しています。
 
 近年の日本企業の海外進出の拡大により、多言語によるITサービス提供のニーズが高まっていることから、両社は海外でのITサービスの提供について業務提携し、海外拠点をはじめとする経営資源を相互に活用して中国・ASEAN地域におけるITサービスを拡充します。この業務提携により、中国・ASEANに拠点を有する企業に対して、両社はシステム開発、ヘルプデスク、デジタル製品テストのサービスを多言語(英語・中国語・日本語)でお客さまに提供するとともに、IT技術者を派遣するなど、情報化支援を行います。また、両社のIT分野におけるトレーニングノウハウを活かし、システム開発に携わる技術者の育成サービスを英語・日本語で提供することで、海外で活躍するIT人材の育成に貢献します。

 

 両社が提供する海外でのITサービスの特長は以下のとおりです。 

  
(1) ワンストップで多言語(英語・中国語・日本語)案件へ対応
     システム開発、ヘルプデスク、デジタル製品テストサービスを3ヵ国語で対応します。日本国内で培

    ったシステム技術や品質管理ノウハウを活用し、低価格のサービスを実現します。
    【ご提供サービス例】
      システム開発     英語および中国語の画面・帳票の開発やマニュアルの作成


      ヘルプデスク    3ヶ国語、365日24時間対応で、製品の海外展開や企業内システムの

                  海外拠点での活用をサポート
                  (※世界各国のビジネスアワーに合わせて24時間対応が可能)

 

      デジタル製品テスト パソコン、プリンターなどのデジタル製品のテストサービスを
                  3ヶ国語で提供。中国国内でのテスト実施も可能

 

(2) 海外拠点でのITサービス(海外現地サポート)
     中国・ASEAN地域を中心に、お客さまの海外のビジネス拠点にIT技術者を派遣し、現地で必要な

    ITインフラや業務システムの構築など、ITに関するサポートを実施します。

 

(3) 海外で活躍するIT人材の育成支援
     両社のIT分野におけるトレーニングノウハウを活かし、IT技術者に対し、技術研修と語学研修を合

    わせた育成プログラムを提供します。英語を公用語とするフィリピンでの研修受け入れや、日本語・英

    語でのIT技術者研修、実際のプロジェクト体験が対応可能です。

 

  さらに今後、オージス総研が強みとするアジャイル開発手法(OSAM※)をオージス総研・AWS両社が海

 外のシステム開発に活用し、システム開発の効率化の推進を目指します。

 

  ※オージス総研のアジャイル開発手法: OSAM(OGIS Scalable Agile Method)
   アジャイル開発は、ソフトウェアを分割して開発し、逐次、ユーザーからのフィードバックを反映させることにより、

   ユーザーニーズに即したソフトウェアをより早く作れる特長があります。 オージス総研は、従来のアジャイル開発

   手法を組み合わせた大規模開発にも適用できる独自のアジャイル開発手法「OSAM(OGIS Scalable Agile

   Method)」を得意としています。


                                                    

以 上

 

 

●オージス総研グループの海外拠点

   上海欧計斯軟件有限公司
   (英語名 Shanghai Ogis TongHua Software Co.,LTD (SOT))
     設立    2007年10月1日
     資本金   200万人民元 (株式会社オージス総研49%出資)
     代表者   董事長兼総経理 許 炎
     本社    中華人民共和国上海市
     事業内容  コンピュータソフトの開発、設計、製作、メンテナンス、
           自社製品の販売、技術コンサルティング及び技術サービス


   Sakura System Service Pte. Ltd
     設立    1990年4月30日
     資本金   100万SIN$(さくら情報システム株式会社※100%出資)
                 ※さくら情報システム株式会社は株式会社オージス総研51%出資
     代表者   Managing Director 柳 忠和
     本社    シンガポール
     事業内容  金融業向けパッケージ開発/保守、システム開発/保守、ネットワーク構築/保守

 

 
●株式会社AWS  http://www.aws-i.com/
  所在地  東京都港区港南1丁目8番40号 品川プレイス 5F
  設立日  2005年12月8日
  代表者  代表取締役会長 青木 正之、取締役社長 小西 彰
  資本金  2億6千8万円
  事業内容
    ・コンピューターソフトウェアの開発および販売
    ・インターネットを利用した情報システムおよび通信ネットワークの開発
    ・制御・組み込み系ソフトウェアの設計、開発
    ・業務アプリケーションシステムの設計、開発
    ・研究用、産業用ロボットの設計、開発
    ・業務アウトソーシング、人材派遣


●AWSグループの海外拠点

   Advanced World Systems, Inc.
    本社:Muntinlupa City, Philippines  事業内容:同上


   Advanced World Solutions, Inc.
    本社:Makati City, Philippines    事業内容:同上

 

このページのお問い合わせはこちら