Googleマップと連携した企業向け地図クラウドサービス「ビジネスぐる地図」に「安否確認」テンプレートを追加ニュースリリース

2011年10月17日

安否確認システム「エマージェンシーコール」の安否情報を取り込み、地図上で一括表示

 株式会社オージス総研は、従来から提供してまいりましたGoogleマップ連携地図クラウドサービス「ビジネスぐる地図」に、「安否確認」テンプレートを追加いたしました。
 インフォコム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本 員裕)が提供する緊急連絡/安否確認システム「エマージェンシーコール」の安否情報を取り込み、地図上で一括して表示できます。社員の安否状況を一目で確認いただけます。

■「ビジネスぐる地図」について

 「ビジネスぐる地図」は、顧客や物件などの情報を、Googleマップ上で簡単に登録・管理できる、SaaS(月額利用料方式)の安価なサービスです。データは弊社のデータセンター(大阪)で安全に管理され、一般には公開されません。PC、携帯電話、iPhone、iPad、Androidスマートフォンで、ご利用いただけます。
 すぐに使用できるように業務別にテンプレート(画面)を用意しており、従来から、「営業支援」「フィールドサービス支援(修理業務)」「物件管理」を提供してまいりました。この度、「安否確認」を追加いたしました。
*詳細は、弊社Webサイトhttp://www.ogis-ri.co.jp/pickup/googlemap/anpimap.htmlを参照ください。

■「安否確認」テンプレートについて


●データ登録(安否情報、社員情報)
 ・「エマージェンシーコール」から出力された安否情報データ(csvファイル)を、取り込み可能
  (安否情報データの出力は、エマージェンシーコールの機能です)
 ・社員の自宅住所を登録(一括登録可能)
●安否情報の表示・検索
 ・Googleマップ上で、社員の自宅位置に安否情報をシンボルで表示(=安全ならば青丸など)
 ・地図上のシンボルをクリックして、住所・安否の詳細を参照可能
 ・特定地点からの範囲(半径○○km)で検索して、安否情報を表示可能
●事業拠点の被害状況把握
 ・事業拠点の被害状況、備蓄品の状況なども、地図上で登録・参照可能
●価格
 ・PC、iPad※
  初期費用  1ユーザあたり 4,000円(税別)
  月額利用料 1ユーザあたり 4,000円(税別) 
   ※「安否確認」テンプレートのiPad版は、10月から提供開始いたしました。
     iPadで、いつでも、どこでも、安否状況を地図上で確認いただけます。
★弊社Webサイトからお申し込みいただけます
<お申込みURL>http://www.ogis-ri.co.jp/pickup/googlemap/bgm_appl.html

 

このページのお問い合わせはこちら