AgileJapan2012のオージス総研の講演タイトルが決定いたしました。お知らせ

2012年01月26日

今年で4回目の開催となりますアジャイルジャパンのイベント、AgileJapan2012は大阪で開催されます。

オージス総研は、AgileJapan2012のメインスポンサーとして、全面的に協力しています。


―――― AgileJapan2012 ごあいさつより ―――

 

「アジャイルソフトウェア開発宣言」から10年、今もそのムーブメントは拡大しつつも、

一定の経験則を得てさまざまな評価を得るようになりました。

その中で、開発手法のみならず、様々な導入の方法やアジャイルにかかわるコミュニケーションメソッドなどが提唱され、

今アジャイルという名のもとには多種多様な形や考え方が存在しています。
アジャイルの考え方の中心は、顧客との対話、開発とビジネスの対話を重視すること、変化を味方につけることです。
アジャイルの今は、その原点を守ることでできているでしょうか。
第4回目を迎えるアジャイルジャパンでは、今あらためてアジャイルを見つめ直したいと思います。

 

―――――   引用 ここまで ―――――――


本日、大阪メイン会場におきます当社による事例講演のタイトルが決定いたしましたので、

ここにお知らせさせていただきます。

 

Businessセッション 14:45~16:05

 

講演タイトル: 「大規模アジャイル開発体験からのメッセージ」+ミニパネル討論

 

講演者:  鈴木 淳三

パネラー: 鈴木 淳三、細谷 竜一、藤井 拓

 

当社のアジャイル開発、とくに大規模システムへ適用してきた体験により得られたポイントを

わかりやすくご紹介するとともに、当社アジャイル開発の第一人者がパネル討論を通じ、

皆様のアジャイル開発への導入・適用等、様々な疑問へお答えする機会をご提供できればと

考えております。

 

参加登録は公式サイト右上のボタンよりお願いいたします。

公式サイト http://www.agilejapan.org/index.html


■開催概要

 開催日 :2012年03月16日(金)
 時間  :9:00~18:30
 会場  :大阪 ATCホール(南港ポートタウン線「トレードセンター前」下車すぐ)
 主催  :アジャイル ジャパン 2012実行委員会
 参加対象:IT関連企業、ユーザ企業に所属され、ソフトウェア開発の

      プロジェクトマネージャ、チームリーダーの方
 定員  :200名
 参加費 :有料

 

 ※AgileJapan2012の詳細につきましては、公式サイトにてご確認ください。

 

アジャイルジャパンロゴ

このページのお問い合わせはこちら