オージス総研グループの上海欧計斯軟件有限公司(SOT)が、上海市のサービスアウトソーシング重点企業に認定されましたニュースリリース

2012年03月22日

株式会社オージス総研のグループ会社上海欧計斯軟件有限公司(本社:上海市、英語名 Shanghai Ogis TongHua Software Co.,LTD 、以下SOT)は、上海市商務委員会から、「上海市サービスアウトソーシング重点企業」に認定され、証書を授与されました。

上海市は中国最大の経済都市であり、更なる成長を目指して、様々な経済振興策を推進しています。その一つとして、企業の業務を受託するBPO※1およびITO※2の発展を目的として、「上海市サービスアウトソーシング重点企業」の認定制度を、2008年度に開始しました。上海市内のITサービス企業、研究開発受託企業などを対象に、社員数、受託業務収入、納税額などで一定基準を満たす企業を、「上海市サービスアウトソーシング重点企業」として認定しています。2年毎に審査があり、今回は2010年度の業績をもとに、SOTを含む83社が認定されました。

 SOTは2007年に設立され、日本国内企業向けに業務システムを開発するオフショア開発を開始しました。2010年から、公益事業者向けに、ガス管や水道管などの敷設位置や属性情報を地図システムで管理する「マップメンテナンスBPOサービス」を提供しています。2011年には、「経理業務BPOサービス」の提供を開始しました。今後もこの様なアウトソーシングサービスを拡充していく予定です。

 

※1 BPO(Business Process Outsourcing ビジネス・プロセス・アウトソーシング)
企業などが業務の一部を、外部の専門業者に委託すること。コスト削減や業務品質の改善、経営資源のコア業務への集中、などのメリットがある。総務、人事、経理に関連するデータ入出力などの業務を外部に委託するケースが多い。

※2 ITO(Information Technology Outsourcing ITアウトソーシング)
企業の業務システム開発などIT関連業務を外部の専門業者に委託すること。

SOTのBPOサービス - 主な特長

  • 高セキュリティ・オフィス、セキュリティ管理
    • 入退室管理ゲート・・・指静脈認証、アンチパスバック、共連れ防止機能
    • PC・・・指静脈認証により不正利用排除、
          仮想デスクトップ・シンクライアント技術により「端末にデータを残さない」
          「データを持ち出せない」仕組みを構築
    • 中国版プライバシーマークPIPA(Privacy Information Protection Assessment)取得
  • 高度な品質管理
    • 「シックスシグマ手法」を活用した業務品質の定量化・可視化による品質の担保
  • BPOコンサルティング
    • オージス総研と連携して、BPOに適した安全で効率性の高い情報システムや業務設計を提案


上海欧計斯軟件有限公司  http://www.sot-soft.com/index.html

  • 英語名  Shanghai Ogis TongHua Software Co.,LTD (SOT)
  • 代表者  董事長兼総経理 許 炎 (きょ えん)
  • 設立    2007年10月1日
  • 資本金  200万人民元 (株式会社オージス総研49%出資)
  • 本社    中華人民共和国上海市
  • 事業内容 コンピュータソフトの開発、設計、製作、メンテナンス、
          自社製品の販売、技術コンサルティング及び技術サービス

このページのお問い合わせはこちら