アジャイル検定の本格運用に向けた、アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験準備委員会を設立ニュースリリース

2012年04月13日

 株式会社オージス総研

 

 株式会社オージス総研は本日、弊社および株式会社戦略スタッフ・サービス(本社:東京都千代田区大手町、代表取締役社長:戸田孝一郎)、株式会社テクノロジックアート(本社:東京都文京区本郷、代表取締役会長:長瀬嘉秀)、を含む7社でアジャイルソフトウエア開発技術者検定試験準備委員会(以下、準備委員会)を設立します。

 

本準備委員会には、国内システムインテグレータのべ7社:株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区豊洲、代表取締役社長:山下徹)、株式会社オージス総研(本社:大阪市西区千代崎、代表取締役社長:平山輝)、株式会社戦略スタッフ・サービス(本社:東京都千代田区大手町、代表取締役社長:戸田孝一郎)、株式会社テクノロジックアート(本社:東京都文京区本郷、代表取締役会長:長瀬嘉秀)、株式会社トランスコスモス・テクノロジーズ(本社:横浜市西区北幸、代表取締役社長:荒木 一洋)、日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区日本橋箱崎町、代表取締役 社長執行役員:橋本孝之)、株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区丸の内、代表執行役 執行役社長:中西宏明)(五十音順)が参画し、年々システム開発への適用が進むアジャイルの開発技術者育成検定の本格運用へ向け、運営組織や検定の方向性に関して、検討を開始します。
また、準備委員会設立に伴い、アジャイル検定の正式名称を、アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験(以下、アジャイル技術者検定)とし、本準備委員会事務局を株式会社テクノロジックアート内に設置します。

 

【背景】
 近年、ソフトウエア開発では、厳しい経済不況などの影響を受け、ユーザーの要件を確実に、高品質に、より短期間で提供することが求められています。このような環境の下で、注目されているのがアジャイル開発手法(注)です。この手法が日本へ紹介されたのは2000年頃ですが、その当時の普及は必ずしも円滑には進みませんでした。しかし2010年あたりからは、アジャイル開発を学べる体系的な研修プログラムも整備され、本格的なアジャイル開発を行うための各種ツールや人材育成が充実してきました。これに伴い、アジャイル開発に脚光が当たりだし、現在では大手企業が導入し始めています。

 

 アジャイル開発は本来、理解しやすく、ソフトウエアを開発する「人」に重きを置く手法です。しかし、従来の開発手法とは全く違う考え方も含まれるため、プロジェクト内でのメンバー同士の認識の差異により、失敗を招くのではと誤解されている部分も少なくありません。アジャイル技術者検定は、このような問題解決の一助として、アジャイル開発に対する正しい理解を広めるための一手段として試験的に、2009年1月より株式会社テクノロジックアートが中心となりWebでの検定トライアルを開始しました。今回、これらの経験を生かし、より一般化した公的な検定サービスをめざし、7社が共同で準備委員会を組織しました。

 

【今後について】
 今後は、アジャイル開発技術者の育成と技術者スキルの公的な証明を目的に、アジャイル技術者検定の本格運用へ向け、アジャイル開発に精通するソフトウエアベンダー企業やSIerなどに準備委員会への参加を呼び掛け、公的な検定運営組織の設立を目指します。また、ユーザー企業の有志からなる準備委員会アドバイザーの協力のもと、検定における人材モデル・スキル標準策定、資格体系の整備など企業内における利用法や国際化などについての検討を行います。

 なお、検定運営組織設立後の事務局運営は、資格認定・検定試験制度のコンサルティング、各種事務局運営を行う株式会社サートプロ(本社:東京都中央区日本橋浜町、代表取締役CEO:近森満)との連携を検討しています。

 

■ ご賛同のメッセージ
 本取り組みに対して、独立行政法人 情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター所長 松田晃一様より、ご賛同のメッセージをいただいております。

 独立行政法人情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター(IPA/SEC)においては、ここ数年アジャイル開発手法に注目し、動向調査や普及に向けた課題の検討を行ってきました。日本国内においては、まだアジャイル開発の事例が圧倒的に少なく、成熟した開発手法とはなっておらず、アジャイル技術者の数も非常に少ないことが課題の一つとして明らかになってきました。このような中で、今回準備が開始されるアジャイル技術者検定は、この分野の技術者の育成を促進するものとして、大いに期待されます。


独立行政法人 情報処理推進機構
ソフトウェア・エンジニアリング・センター
所長 松田 晃一 様

 

■構成団体
[準備委員会参画企業]
- 株式会社NTTデータ
- 株式会社オージス総研
- 株式会社戦略スタッフ・サービス
- 株式会社テクノロジックアート
- 株式会社トランスコスモス・テクノロジーズ
- 日本アイ・ビー・エム株式会社
- 株式会社日立製作所

[準備委員会アドバイザー]
- 大内 美樹(東京海上日動システムズ株式会社 エグゼクティブオフィサー 経営企画部部長)
- 田中 達雄(協和発酵キリン株式会社 情報システム部新技術担当)
- 永井 伸弥(協和発酵キリン株式会社 情報システム部新技術担当)
- 三辻 一浩(関電システムソリューションズ株式会社 技術部 システム技術G チーフマネジャー)
※五十音順、敬称略

 

■試行した「アジャイル検定」について
 現在のアジャイル検定は、アジャイル開発に対する正しい理解を広めるための一手段として制定されました。現在は、L1コースを実施しており、インターネットを通して時間や場所を問わず、Webから受験でき、その場で合否判定が受けられます。
 アジャイル開発手法を採用しようとしているチームにとっては、この検定を利用し、メンバーの選定や、メンバー間のアジャイル開発の技術的な知識の理解度チェック等に活用できます。
http://agilecert.org/

 

(注)アジャイル開発
 アジャイル開発手法とは、ウォーターフォール型に代表されるプロセス重視・手続き重視の開発手法に対するアンチテーゼとして生まれてきた開発手法。草の根的・同時多発的に提唱され、それらの一連の手法を総称してアジャイル開発手法(またはアジャイル開発方法論)と呼びます。具体的な手法は多岐にわたりますが、中でも「XP(eXtremeProgramming)」と「スクラム」が現在最も使われています。

 

お問い合わせ:(準備委員会事務局窓口)
株式会社テクノロジックアート 営業部
TEL:03-5803-2788
FAX:03-5803-2989
https://www.tech-arts.co.jp/inquiry/about-others.html

 


 

OGIS-RI Co.,Ltd.


 NTT DATA Corporation, OGIS-RI Co.,Ltd., Strategic Staff Services Corporation, Technologic Arts Inc., TransCosmos Technologies Inc., IBM Japan, and Hitachi, Ltd. on April 13, 2012, will join the Agile Software Engineer Certificate Exam Preparatory Committee (hereafter referred to as “the Preparatory Committee”). As a member of the Preparatory Committee, some of our responsibilities include deliberation on the organizational structure and the direction for full scale-operation of Agile certification. Along with the establishment of the Preparatory Committee, the official name of the Agile certification will be known as the Agile Software Development Certificate Engineer Certificate Exam (hereafter referred to as “the Agile Engineer Certificate”).

 

 In recent years, due to increased economic competition, it has become essential for software development companies to produce multi-functional, high quality software deliverables in a relatively short period of time. In light of these conditions, Agile has once again caught the attention of the software development community in Japan. The initial reaction towards Agile, when compared to the conventional software development method, was that it was an unrealistic approach for software development. However, ten years have passed since the introduction of Agile, and well trained Agile architects have increased in number, equipped with a wide range of tools enabling full-scale Agile development. This has brought Agile back to the spotlight with many major companies using Agile as the method of choice.

 

 Originally, Agile was created to simplify software development production, focusing on “people” to develop software. However, since its philosophy differs from the conventional development method, it was often labeled unsuccessful because not all project members understood it or were not on the same page as to how to implement it. To solve such problems, the Agile Engineer Certificate will help Agile developers conform to a standard. Technological Arts started a trial examination service in January 2009 and our plan is to make the Agile certification testing service available to the general public.

 

 In order to promote Agile training through public certification, vendors and SIer familiar with Agile work together to establish the Preparatory Committee for full-scale operation of the Agile Engineer Certificate. Furthermore, Preparatory Committee advisors, who are volunteers from end user companies can share useful information regarding the Agile certification, such as: developing a human resource model, defining skills and standards, reviewing the qualification system, promoting internationalization,etc.

 

 To help better enhance and promote the Agile Engineer Certificate, we are currently in discussions to collaborate with CertPro Co., Ltd. (Bunkyo-ku, Tokyo), a specialist in certification and qualification consulting and management of various executive authorities.

 

■ Message of support
 Mr. Koichi Matsuda, President of the Software Engineering Center in Information Technology Promotion Agency, Japan(IPA/SEC), has given his support for the Agile Engineer Certificate.

 In the past few years, Agile has seen a noticeable growth in popularity among the software development community in Japan. IPA/SEC has conducted various surveys to followed the developments Agile in Japan and has concluded that the market for Agile in Japan is still fairly immature and experienced Agile engineers are scarce. I hope that the Agile Engineer Certificate will promote an increase in the number of engineers wanting to be involved in Agile and we will therefore, see an overall increase in the talent pool of Agile developers in the near future.

 

Koichi Matsuda, President
Software Engineering Center
Information- technology Promotion Agency, Japan

 

■Affiliated body
[Preparatory Committee]
- NTT DATA Corporation
- OGIS-RI Co.,Ltd.
- Strategic Staff Services Corporation
- Technologic Arts Incorporated
- TransCosmos Technologies Inc.
- IBM Japan
- Hitachi, Ltd.

[Preparatory Committee Advisors]
- Miki Ouchi ー TOKIO MARINE NICHIDO SYSTEMS Co.,Ltd.
- Tatsuo Tanaka ー Kyowa Hakko Kirin Co., Ltd.
- Shinya Nagai ー Kyowa Hakko Kirin Co., Ltd.
- Kazuhiro Mitsuji ー Kanden System Solutions Co.,Inc.

 

■ About the “Agile Engineer Certificate”
 The Agile Engineer Certificate was established as a means to develop a testing standard for Agile development. Currently, there is a L1 course which can be taken online. In addition, L1 testing can be taken online with results immediately following.     
For companies that implement Agile, this certificate can be used to test an engineer's level of comprehension regarding Agile development techniques.
http://agilecert.org/

 

(Note)
 Agile development was born as a reaction to the Waterfall Method, which is characterized by its critics as heavily regulated and regimented. Proponents of Agile contend that this method is a return to grass roots programming and the name "Agile" signifies that it can adjust to handling multiple concurrent tasks smoothly. There are many methods used in Agile development, however, currently "XP" (eXtremeProgramming) and "Scrum" are most widely used.

 

Contact information:
Technologic Arts Incorporated
TEL: +81-3-5803-2788
FAX: +81-3-5803-2989
https://www.tech-arts.co.jp/inquiry/about-others.html

 

このページのお問い合わせはこちら