証券会社向けOMGEO CTMの認証を取得-日本の証券各社によるOMGEO CTM採用を加速し、業務処理効率の向上を後押しへニュースリリース

2010年11月08日

[2010年11月8日、東京]ポストトレード業務効率のグローバルスタンダードであるオムジオLLC(本社:米国ボストン、社長兼最高経営責任者:マリアン・ブラウン、以下オムジオ)と日本の金融業界におけるリーディング・システムインテグレーターである株式会社オージス総研(本社:大阪市西区、代表取締役社長:平山 輝、以下 オージス総研)は、オムジオの証券会社向けサービスOmgeo CTM (Omgeo Central Trade ManagerSM )との接続を容易にするインターフェース製品「Lufei」をオージス総研が開発し、オムジオ社の認証を取得したことを、本日発表いたしました。 Omgeo CTMは、クロスボーダーおよび国内の債券・株式取引に対応し、機関投資家と証券会社間のポストトレードの取引処理を自動化するセントラル・マッチング・プラットフォームで、取引ワークフローを合理化することにより業務効率の向上、リスク軽減を実現します。

 

今回オージス総研の「Lufei」がOmgeo CTMの認証を取得したことにより、オージス総研は、Omgeo CTMのアロケーション・コンファメーション・ワークフロー(国内取引を執行価格ベースで行う日本の取引慣習)に対応する、初めてのオムジオパートナー企業となります。また、両社の提携により、Omgeo OASYS Globalワークステーションのimport/export機能を現在採用している日本の証券会社のお客様は、オージス総研の「Lufei」を導入することにより、Omgeo CTMへのシームレスな移行が可能になります。 その結果、セントラル・マッチングによる取引ライフサイクルの加速、および業務リスクの削減、取引同日約定承認(SDA)率の向上を実現することができます。

 

調査によりますと、Omgeo OASYS Globalのようなローカル・マッチング・ソリューションを利用した場合SDA率が72%なのと比較して、Omgeo CTMのセントラル・マッチング機能を利用するとSDA率は98%に上昇することが判明しています。 Omgeo CTMを利用することで、取引承認までの時間を短縮し、業務のリスクおよびコスト、フェイル取引発生を低下させることができるほか、決済効率も向上します。
 
オムジオ社アジア・パシフィック地区のエグゼクティブ・ディレクターであるジェームズ・E・ドラムは、次のようにコメントしています。「オムジオは、アジア地域で最も急成長を遂げている日本市場への強いコミットを今後も継続します。オムジオとオージス総研とのパートナーシップにより、現在Omgeo OASYS Globalを利用されている証券会社のお客様は、Omgeo CTMの認証インターフェースであるオージス総研のLufeiが利用可能になるため、オムジオのセントラル・マッチング・ソリューションへシームレスに移行できます。このことは、オムジオのOASYS Globalのコミュニティメンバーにとって特に重要な意味を持ちます」

 

オージス総研の取締役で販売担当常務執行役員の栗山顕蔵は、次のようにコメントしています。
「市場規模の拡大が鈍化している今、市場競争は厳しさをまし、各企業は生き残っていくためにさらなる業務効率化を求められています。このような経済状況のなか、このたびオージス総研とオムジオは、パートナーシップにより証券業界ビジネスのさらなる業務効率の向上を推進するソリューションを提供し、Omgeo CTMの新規ユーザーならびにOmgeo CTMへ移行するOmgeo OASYS Globalの既存ユーザーの業務効率改善に貢献して参ります。すでに、証券業界のお客様より本ソリューションに対する強い期待と関心をいただいていることは喜ばしい限りであり、今後ともオムジオ社とのパートナーシップにより日本の証券市場における業務リスク削減へ寄与してまいります。」
 
オムジオについて
オムジオは、機関投資家と証券会社間で取引された約定確認を迅速かつ自動的に行い、ポストトレード業務に確実性をもたらしています。 オムジオのコミュニティは世界45カ国、6,000社を超え、取引照合、取引アロケーションの例外処理、約定確認、決済指図を効率的に管理しています。オムジオは、ますます取引量が拡大し続ける時代の中で、複雑さが増す投資業界に対して業務の安定性と収益性にフォーカスしたソリューションを提供しています。 クロスボーダー取引、あらゆるアセットクラス、取引ライフサイクル全般をカバーし、オムジオは投資業界での業務効率におけるグローバルスタンダードの地位を確立しています。 オムジオは、世界最大の証券保管・決済機構であるDTCC(米国証券振替機構)と、金融情報サービスプロバイダであるトムソンロイターの提携により、2001年に設立されました。
日本においては東京・千代田区に拠点を構えております。オムジオに関する詳細は、
www.omgeo.com/japanをご覧ください。
 
英文:
OGIS-RI ACHIEVES CERTIFICATION TO OMGEO CTM FOR BROKER/DEALERS

Partnership to accelerate Japanese broker/dealer adoption of Omgeo CTM to drive increased operational efficiency

Tokyo - 8 November, 2010 - Omgeo,the global standard for post-trade efficiency, and OGIS-RI Co., Ltd., (OGIS), a leading system integrator for the Japanese finance industry, today announced that OGIS has certified their Lufei interface to Omgeo Central Trade ManagerSM (Omgeo CTM) for broker/dealers. Omgeo CTM, a central matching platform that automates post-trade communications between investment managers and broker/dealers, supports cross-border and domestic fixed income and equity transactions, streamlining trade workflows, improving operational efficiency and mitigating risk.
 
With this certification, OGIS becomes the first Omgeo partner to offer access to the Omgeo CTM broker/dealer allocation and confirmation workflow, a Japanese market-specific requirement that supports domestic transactions on an execution pricing basis. The joint offering will also enable Japanese broker/dealers currently using the Omgeo OASYS Global workstation import/export functionality to seamlessly migrate to the Lufei interface and Omgeo CTM, accelerating the trade lifecycle through central matching and increasing same day affirmation (SDA) rates for reduced operational risk.

Analysis shows that SDA rates increase to 98% on trade date when using the central matching capabilities of Omgeo CTM compared to 72% when leveraging local matching solutions such as Omgeo OASYS Global. By affirming trades more quickly in order to achieve SDA, operational risks, costs and failed trades decrease while settlement efficiency increases. 
 
“Omgeo remains highly committed to Japan, our fastest growing market in Asia,” stated James E. Drumm, Executive Director, Asia Pacific, Omgeo. “By partnering with OGIS, broker/dealers will be able to leverage the Lufei certified interface to Omgeo CTM, making adoption of the central matching solution more seamless. This is especially important as our OASYS Global community members move to Omgeo CTM, where trades progress to settlement much more quickly.”
 
Stated Kenzo Kuriyama, Executive Director, Sales, OGIS, “Within our Japanese culture, firms are driven to continuously improve, or ‘Kaizen’. With this joint offering, OGIS and Omgeo provide a solution that will drive increased levels of efficiency within the market and contribute to ‘Kaizen’ for new users of Omgeo CTM and for existing Omgeo OASYS Global users who migrate to Omgeo CTM. We have received very encouraging feedback from the broker/dealer community and are pleased to be partnering with Omgeo to bring reduced risk to the Japanese market.”
About OGIS-RI
OGIS-RI is a 100 % subsidiary of Osaka Gas. Co., Ltd., the 2nd largest gas utility company in Japan, and provides full life cycle support for the IT systems of its parent company. OGIS-RI is known as the pioneer of Object-Oriented Technology and Unified Model based solutions in Japan, and has experience in IT development and maintenance in the manufacturing, finance and utility industries. Last year, OGIS-RI unveiled the concept of “100-hundred architecture”, a vision to realize sustainable IT systems. OGIS-RI is focused on offering solutions based on Modeling, Service-oriented architecture (SOA), Open Source Software (OSS) and Cloud integration to promote sustainable Enterprise IT systems.

To learn more about OGIS-RI, please visit:
http://www.ogis-ri.co.jp/corporate_e/n-00.html.
 
About Omgeo
Omgeo creates certainty in post-trade operations through the automation and timely confirmation of the economic details of trades executed between investment managers and broker/dealers. Every day Omgeo enables an efficient community of more than 6,000 financial services clients in 46 countries to manage matching and exception handling of trade allocations, confirmations, and settlement instructions. Omgeo has also extended its trade lifecycle coverage to include counterparty risk management, which supports end-to-end collateralization and reconciliation across multiple asset classes. Leading organizations rely on Omgeo to help manage an increasingly complex investment industry by providing operational stability and solutions that complement the focus on profitability in an era of escalating trade volumes. Across borders, asset classes, and trade lifecycles, Omgeo is the global standard for operational efficiency across the investment industry. 
 
Formed in 2001, Omgeo is jointly owned by the DTCC and Thomson Reuters.

For more information about Omgeo, please visit:
www.omgeo.com/japan.

To learn more about Omgeo CTM, please visit:
www.omgeo.com/japan/ctm_j.html 
 

このページのお問い合わせはこちら