当社と株式会社サンモアテック様が社団法人アジア協会へリユースパソコンを寄贈 -リユースパソコンでアジアの高校生の交流をサポート- お知らせ

2010年06月08日

 株式会社オージス総研(本社:大阪市西区、代表取締役社長:平山 輝)は、昨年末より活動している社会貢献活動「はじまるくん」を通して、サントリーグループの情報サービス会社である株式会社サンモアテック(本社:大阪市北区、代表取締役社長 中村 正)と2010年7月に、社団法人アジア協会アジア友の会へリユースパソコンを寄贈。


実施内容


 株式会社オージス総研は株式会社サンモアテックと共同で、アジア各国を支援する社団法人アジア協会アジア友の会へリユースパソコン35台を寄贈いたします。
はじまるくんパソコン35台のうち、30台は、アジア協会アジア友の会が実施を予定しているAsian Web Youth Schoolのために、アジア15カ国に設置される予定です。

 

『Asian Web Youth School(以下AWYS)について』
 AWYSとは、持続可能なコミュニティ作りを目指して活動するアジアの高校生がWebを通じて、お互いに交流を深め、アジアの将来の友好係を担い、アジア、ひいては、世界に貢献できる人材を育成することを目的として設立されたWeb上におけるコミュニティサイトです。今回の寄贈で1カ国あたり2台のリユースパソコンを配布し、Web上で15カ国及び日本の高校生との交流を実現します。
 
背景と目的


 株式会社サンモアテックは、今年設立20周年をきっかけとした社会貢献活動の展開を検討、  アジア協会アジア友の会は、今年設立30周年を機にアジアの子供たちをつなぐための、AWYSの開始を検討していました。
 この2つの活動をはじまるくんによってつなぎ、リユースパソコンを活用することで、環境貢献、障がい者雇用の拡大、アジアの高校生の交流を支援する活動を目的としています。
 
 
<サンモアテックについて>
サントリーグループの情報サービス会社として、システム・インテグレーション(SI)、WEBサイト制作・構築・運用、情報インフラ・ネットワークの設計・構築・運用等の事業を展開しています。

 

<アジア協会アジア友の会について>
アジア協会アジア友の会(JAFS)は、アジアの18カ国の貧困層の人々が住む地域へ安全な水を贈ることを活動の基盤とし、健康、衛生、生活、教育、環境などの自立開発支援事業を行い、現地の人々の自立を目指し、活動を行っているNGOです。教育事業では、アジア9カ国で学校を作りを支援しています。また、大阪府内の放置自転車を府内市町村等の協力を得て修理・再生し、アジア・アフリカなどの必要としている各国に贈るサイクル・エイド事業にも取り組んでいます。

 

<オージス総研について>
オージス総研は、大阪ガス株式会社100%出資の情報子会社であり、同社の基幹システムの開発から運用までを一貫して提供するとともに、日本のオブジェクト指向開発やUML(統一モデリング言語)の分野におけるパイオニア企業としての特徴を持つ独立系ソリューションプロバイダです。CSR(企業の社会的責任)としてパソコンリユース事業を実施してきましたが、昨年末から環境貢献に留まらず、当事業を社会貢献活動としても広げています。
 
はじまるくんとは


 はじまるくんは、オージス総研の実施するパソコンのリユース事業を軸とした3つの社会貢献活動の総称です。
1.はじまるくん作業委託プログラム(障がい者就労機会の拡大) 
 障がいを持った方たちにリフレッシュ作業等を委託
2.はじまるくん販売協力プログラム
 障がいを持った方たちがリフレッシュしたはじまるくんパソコン(※1)を賛同される企業様の従業員様等に販売
3.はじまるくん寄贈プログラム
 社会福祉団体・NPOにはじまるくんパソコン等を寄贈
 ※1:はじまるくんパソコンは、障がい者の方たちによりリフレッシュされたリユースパソコンの名称です。
◆はじまるくんについて
 http://www.ogis-ri.co.jp/pickup/hajimaru/

 

          <本件に関するお問い合わせ先>
                    株式会社オージス総研 PCR部 はじまるくん事務局
                    メールアドレス:hajimarukun@ogis-ri.co.jp
                    TEL: 06-6871-7992

 

 

このページのお問い合わせはこちら