日経エレクトロニクスに、「ソフトウェアの品質評価法」に関する弊社エンジニアとお客様の共同執筆論文が掲載されましたお知らせ

2010年02月10日

1月25日発売号の日経エレクトロニクスに、「ソフトウェアの品質評価法」に関する、弊社エンジニア、早稲田大学の鷲崎教授、ヤマハ様との共同執筆論文が掲載されました。

 

当社では、ソースコードからソフトウェアの品質を網羅的に評価する仕組みについて、長年、産学連携で研究を進めて参りました。また、この仕組みを活用したソースコード品質評価ツール“Adqua”を昨年6月より無償提供しております。

 

今回の論文では、研究成果の一部である「品質評価の仕組み」について、分かりやすく紹介しております。

 

●ソフトウェアの品質に関心のある方
●ソフトウェアの品質改善に取り組もうとされている方、また既に取り組まれている方

 

このような方々に、是非お読み頂きたい内容となっております。
 


論文の概要、雑誌の購入についてはこちら。 
 

 

このページのお問い合わせはこちら