@IT MONOistにて、SysMLに関する記事の連載を開始!ニュースリリース

2010年02月10日

アイティメディア社のモノづくりスペシャリストのための情報ポータルサイト「@IT MONOist」にて、弊社エンジニアが執筆した「ゼロから学べるSysML入門【実践編】」と題した連載記事が掲載されました。

 

SysMLとは、UMLを基に、よりコンパクトな言語仕様として策定されたモデリング言語です。当社では、SysMLの表記法や現場への活用方法について研究を進めています。

 

前回、同サイトに掲載させていただいた特集記事「モデリング言語SysMLを概観する」では、SysML誕生の経緯や特徴について紹介させていただきました。本連載では、より実践を視野に入れて、SysMLの言語要素や表記方法について、モデルの具体例を挙げながら解説していきます。

 

連載1回目の今号では、「ブロック定義図の基礎」と題して、システムの構造を表現する上で有用なブロック定義図について解説しています。SysMLに初めて触れる人、既に開発現場でSysMLを利用されている方、双方にとって有益な内容となっておりますので、是非ご覧ください!

 
 
◆連載『ゼロから学べるSysML入門【実践編】』
第1回 「ブロック定義図の基礎」の記事はこちらから 
 
◆特集『ゼロから学べるSysML入門』
「モデリング言語SysMLを概観する」の記事はこちらから

 

 

このページのお問い合わせはこちら