日刊工業新聞にて紹介されました:OSSベースのワークフローシステム「ThemiStruct-ワークフロー」の販売開始ニュースリリース

2012年06月05日

大規模な申請・承認業務の電子化を低価格で実現

 株式会社オージス総研は、OSS(オープンソースソフトウェア)ベースのワークフローシステム※1「ThemiStruct-ワークフロー」(テミストラクト-ワークフロー)を開発し、6月中旬から販売を開始いたします。同社で培ってきたOSS技術を活かして、大規模な申請・承認業務の電子化を低価格で実現します。
 近年、業務の迅速化・効率化を目的として、紙の申請書・稟議書を電子化したい、というニーズは高まっています。ワークフローシステムを導入すれば、企業内の紙による決裁業務を電子化できます。申請内容は即座に回付され、遠隔地でも承認できるため、決裁業務の省力化につながります。しかしながら、従来製品はユーザ数による課金などで高額になる場合があり、導入に躊躇するケースが見受けられます。
 「ThemiStruct-ワークフロー」は、データベースやWebアプリケーションサーバなどの基盤部分にOSSを用いて低価格を実現しました。また、ユーザ数に影響されない価格体系(サーバへの導入数で課金)のため、大手企業でもユーザ数を気にせず利用できます。先行して導入した大阪ガス株式会社では各組織内の決裁などに約6000人が利用しており、他に大手企業2社に導入しています。
 オージス総研は今後、スマートフォンでの利用対応など「ThemiStruct-ワークフロー」の機能を拡張し、お客様の更なる業務効率化ニーズに応えてまいります。

※1 ワークフローシステム
申請書・稟議書などの回付・承認手続きを電子化するシステム。紙の回付・押印と比べて、業務スピードや効率を向上できる。


■「ThemiStruct-ワークフロー」の特長
大規模な申請・承認業務の電子化を低価格で実現します。

  • 主な機能
    • 申請書を承認フローに従って回付し、メールで承認者に通知
    • 承認履歴・回付状況の照会
    • 様々なケースに対応・・・代理承認、代理申請、兼務所属での申請(=承認を受けたい所属を選択)
    • ITスキルをある程度保有されている方であれば、プログラミングなしで申請書の設定が可能
      ・・・フォームエディタ(申請書フォーム定義)、フローエディタ(承認フロー定義)を使用
    • 人事システムとの連携
      ・・・組織変更や利用者の異動情報の自動反映
    • 都度のパスワード入力が不要となるシングルサインオン(弊社の別製品「ThemiStruct-WAM」を推奨。他の製品にも対応可能。)
  • 価格
    • 1セット250万円(税別、導入費用・保守費用を含まず) *サーバへの導入数1件あたりの価格(ユーザ数には影響されない価格体系)

 *詳細は、http://www.ogis-ri.co.jp/product/1201269_6798.htmlをご覧ください


■今後の予定
「ThemiStruct-ワークフロー」の機能を以下の予定で拡張してまいります。

  • マルチデバイス対応(2012年夏)・・・スマートフォンやタブレットの利用に適した承認画面を追加
  • マルチテナント対応(2012年秋)・・・1セットで、グループ企業内の複数社で利用可能  など

以 上

このページのお問い合わせはこちら

関連コンテンツ

関連製品・ソリューション