日経産業新聞掲載:オージス総研、株式会社シグマクシスとビッグデータを活用したプラットフォーム事業の立ち上げ支援サービスを開始ニュースリリース

2012年09月25日

ビジネスモデル策定から、システム構築、顧客の開拓までを一気通貫で支援

株式会社オージス総研は、株式会社シグマクシス(本社:港区、代表取締役社長:成田恒一、以下 シグマクシス)と共同で、ビッグデータを活用したプラットフォーム事業※1の立ち上げ支援サービスを開始しました。

 

プラットフォーム事業は、消費者に向けたサービス基盤と収集データの分析サービスを提供するビジネスです。オージス総研は、企業のプラットフォーム事業参入への適正診断、ビジネスモデルの策定から、その実現にむけて必要な提携先およびプラットフォーム利用企業の獲得、ビッグデータを収集・分析するシステムの構築までを、シグマクシスと共同で提供し、企業を一気通貫で支援します。

 

プラットフォーム事業への適性が高い企業は、社会インフラ提供企業など広く顧客接点をもつ業種とされていますが、当サービスは、左記の特性をもつ企業に限らず、ビッグデータを活用した事業の開始を検討中の国内企業、プラットフォーム事業を通じた収益実現の可能性を持つ国内企業へ対象を広げ、いまだ参入企業の少ないプラットフォーム事業における、顧客企業の新たな価値の実現と企業の成長を目指します。

 

プラットフォーム事業において、企業は持ち得るデータや顧客との接点を戦略的に活用することで、新たな価値創出や収入源を生み出すことが可能になります。同事業での代表的な成功企業であるGoogle Inc.やFacebook Inc.は市場で大きな存在感を示しています。一方で、ビッグデータを活用した事業を検討するものの、経営戦略上重要なデータや事業そのものの位置づけが不明確なまま着手するケースや、単なるビッグデータ分析を中心とした狭い領域での事業化にとどまる企業も多く、期待通りの収益につなげられていないのが現状です。

 

この市場の動きを背景に、シグマクシスではすでに複数の国内社会インフラ提供企業に対するプラットフォーム事業立ち上げ支援の実績を蓄積し、そのノウハウを体系化した「SX簡易診断フレーム」、およびプラットフォームビジネスの事業戦略策定の方法論「SXシナリオプランニング」を開発して、コンサルティング・サービスとして提供してまいりました。

 

オージス総研は、企業の意思決定におけるビッグデータ活用の重要性を認識し、以前より大阪ガス株式会社と共に、ビッグデータ利活用を実現するシステム環境とビッグデータ分析手法の確立に取り組んできました。また、目指すビジネスモデル実現のためのデータ利活用をあるべき姿へ導くフレームワーク「BI/BA利活用ポジショングリッド」、業務要件やシステム要件を可視化する弊社独自のソリューション「モデルベース開発」からモデリング技術やノウハウを取り入れた「モデルベースBA」を開発し、提供してまいりました。

 

今後、両社の実績・経験・ノウハウを組み合わせて、企業の新たな収益源となるビッグデータ事業の実現を、スピーディかつ強力に支援いたします。

以 上

 

・ 本リリースに掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。


※1  プラットフォーム事業については以下の図を参照ください。

 

 

株式会社オージス総研のビッグデータ・ソリューションのURL
http://www.ogis-ri.co.jp/pickup/modelbaseba/index.html
http://www.ogis-ri.co.jp/rad/r-01dsc.html

 

株式会社シグマクシスの関連プレスリリースのURL
http://www.sigmaxyz.com/news/2012/0925/

 

 

株式会社シグマクシスについて

社名:     株式会社シグマクシス(SIGMAXYZ Inc.)
所在地:  〒105-0001  東京都港区虎ノ門 4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス9F
URL:     http://www.sigmaxyz.com/
設立日:  2008年5月9日
代表者:  代表取締役会長 倉重英樹 / 代表取締役社長 成田恒一
資本金:  22.5億円
株主:     三菱商事株式会社・RHJインターナショナル
事業内容:顧客企業の価値創造を支援するビジネス・コンサルティング・サービス
              (企業戦略立案、企業革新、および企業情報システム構築)

 

このページのお問い合わせはこちら