スマートデバイス利用において、企業のセキュリティ対策強化を目的とした「スマートデバイス管理ソリューション」のビジネス展開を開始ニュースリリース

2012年11月07日

株式会社オージス総研は、スマートデバイスのビジネス利用においてのセキュリティ対策で重要となる、「デバイス管理」、「アクセス管理」、「ウイルス対策」の3つの要素を複合的に対策・管理する、「スマートデバイス管理ソリューション」の提供を開始しました。

 

急速に普及が進むスマートフォン・タブレットPC。ビジネス利用においても、外出先から社内の業務システムやグループウェアの利用など多くの期待が寄せられています。安全に利用すれば、様々なアプリケーションが活用でき、業務の効率化も期待できますが、その反面、様々な情報資源にアクセスできることから、デバイス紛失時のリスクまで想定すると、そのセキュリティ対策はパソコンと同等レベルの対策が必要になると考えています。

 

オージス総研では、スマートデバイスをよりセキュアに活用する為には、以下の3つのポイントが重要であると考えております。

 

【スマートデバイス管理に重要なポイント】
●「デバイス管理」:スマートデバイスの紛失時対策、セキュリティポリシーの準拠
●「アクセス管理」:スマートデバイスから社内システムへの認証強化
●「ウイルス対策」:ウイルスの感染防止

 

 

 

ソリューションの詳細は以下をご覧ください。
URL:http://www.ogis-ri.co.jp/solution/1204619_6793.html

 

オージス総研ではこれまで、ワンタイムパスワードや電子証明書を活用し、社外からの認証アクセスをよりセキュアにおこなう為のオープンソース・ソリューション、ThemiStruct-OTP※1、ThemiStruct-CM※2を提供してきましたが、これに加え、スマートデバイス紛失時のリスクを最大限に抑えるデバイス管理ソリューションとして、インヴェンティット株式会社(本社:大阪府堺市、代表取締役 西田 竹志、以下インヴェンティット社)と、インヴェンティット社の法人向けスマートフォン遠隔管理システム「IT-MOM(アイティーマム)」の販売パートナー契約を締結し、スマートデバイス管理ソリューションとして提供を行います。

 

 

■インヴェンティット株式会社についてhttp://www.yourinventit.com/ja-jp/

所在地 大阪府堺市北区長曽根町130番地42
事業内容 ソフトウェア開発、プラットフォーム製品の開発・販売
設立日 2007年6月12日
資本金 4億360万円

インヴェンティット株式会社は、パートナー企業様、エンドユーザー様のニーズを捉え、遠隔管理分野で業務効率化、高付加価値化に役立つ技術、サービスを開発し、ソリューションとして提供しています。

■IT-MOM(アイティーマム)について

IT-MOMとはインヴェンティット社のコアテクノロジーであるService-Syncを用いたスマートフォン・ネットデバイス遠隔管理システムです。
スマートフォン・ネットデバイスのセキュリティを強化して、企業の現場でのICT運用管理に組み込み、可視化を実現し、ビジネス利用を促進します。
予期せぬトラブルを未然に防ぎ高度なセキュリティと柔軟な設定を可能にします。

 

 

※1 ThemiStruct-OTP (One Time Password)

オープンソースを利用したIT基盤ソリューション「テミストラクト」シリーズの中で、毎回生成するワンタイムパスワードを発行するソリューションを指します。

※2 ThemiStruct-CM (Certification Management)
オープンソースを利用したIT基盤ソリューション「テミストラクト」シリーズの中で、安価で高セキュリティな電子証明書発行ソリューションを指します。  

・本ニュースリリースに記載の会社名・商品名は各社の登録商標または商標です。

このページのお問い合わせはこちら