緊急連絡/安否確認システム「エマージェンシーコール(R)」と地図情報システム「ビジネスぐる地図」が連携ニュースリリース

2012年11月08日

~従業員の安否と位置情報を共有し、BCP※における初動対応に活用~

 インフォコム株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長 竹原教博、以下「インフォコム」)が提供する緊急連絡/安否確認システム「エマージェンシーコール(R)」と、株式会社オージス総研が提供する地図情報システム「ビジネスぐる地図」が連携し、12月より順次サービスの提供を開始します。


 2011年3月11日に発生した東日本大震災では、地震だけでなく津波の被害により多く犠牲者ならびに、建物の損壊などの重大な被害が発生いたしました。津波による被害を軽減するためには、被災者の位置情報を把握し、適切な避難情報を速やかに伝えることが重要となります。また、エマージェンシーコールをご利用頂いているお客様からも、従業員の位置情報を把握したいとのご要望を頂いており、従業員の居場所が地図上で把握可能な地図連携機能を提供することといたしました。


 今回、「エマージェンシーコール(R)」を利用されている法人企業を対象に、「ビジネスぐる地図」との連携機能を12月より有償オプションにて提供開始します。スマートフォン※のアプリによる安否回答があった回答者の位置情報をGPS※により取得し、地図上に表示します。例えば、海岸近辺にいる従業員への津波の危険やゲリラ豪雨発生地域に所在する従業員への退避指示等、二次連絡を実施等の追加対策判断を支援します。

 

【連携イメージ】

 

以 上

【セミナーのご案内】
 この協業を踏まえ、大規模災害発生時における安否確認システムと地図情報システムの有効活用を促進するためのノウハウについて東日本大震災での活用事例を交えてご紹介いたします。さらには、両システムを連携させる利便性についても合わせてご紹介します。


セミナー名 :大事な時に社員と繋がる「安否確認システム活用最前線!」

このページのお問い合わせはこちら

関連コンテンツ

特集ページ