B2C向けサービスサイトに最適な統合認証プラットフォーム「ThemiStruct(テミストラクト)Identity Platform」 AWS対応版を提供開始ニュースリリース

2016年03月30日

株式会社オージス総研(本社:大阪市西区、代表取締役社長:西岡信也、以下オージス総研)は、ショッピングサイトや会員サイトなどB2C向けサービスサイトに最適な統合認証プラットフォーム「ThemiStruct Identity Platform(テミストラクト アイデンティティ プラットフォーム)」のアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)対応版を本日より提供開始します。

 

当社は、従業員の利便性向上とセキュリティ強化を目的とした認証ソリューションを大阪ガスグループをはじめ多くのお客さまへ提供してきました。昨今、クラウド活用や顧客向けサービスが活発化する中で認証基盤はより重要度を増し、多数のアプリケーションとの連携容易性やピーク性のある大量のアクセスへの対応が求められています。こうした中、大阪ガスの会員向けサービスサイトであるマイ大阪ガスほかB2C向けサービスにおける認証基盤構築の知見に加え、高いレベルの可用性と拡張性を持つAWSを基盤とすることによりIoT時代にも対応するスケーラブルかつ高い信頼性を誇る統合認証プラットフォームを実現しました。サービス事業者を中心に展開し初年度2億円の売り上げを見込んでいます。

 

当社は、統合認証プラットフォームにおける強固な基盤と柔軟な対応力を実現するためにAWSを活用し持続可能、再生可能なシステムを提供し続けます。

 

 

◆サービスの概要
ThemiStruct Identity Platformは、ショッピングサイトや会員サイトなど複数のサービス間でのユーザ情報連携を実現し、シングルサインオン環境と会員ID管理機能を提供します。世界的に標準化された技術規格に準拠したインターフェイス(API:Application Programming Interface)をサポートし、様々なサイトとのID連携を容易に実現します。柔軟性とセキュリティにおいて現時点で最高レベルのコンピューティング環境を持つAWSの活用により、導入時におけるキャパシティやアベイラビリティプラニングから解放され、これまで数か月かかっていたインフラストラクチャの導入が1時間(※)で完了します。

 

※標準仕様の場合。

 

◆サービスの特長
認証システムの短期導入が可能
ThemiStruct Identity PlatformはAWS上に設置され、短期間で従業員、カスタマー、ビジネスパートナーに認証サービスを提供できます。また、APIを利用し既設サイトへの組み込みも容易です。

 

事業成長に合わせたスケーリング、突発的アクセス集中への対応
事業環境の変化や突発的なアクセスの集中に合わせて、自由にかつ自動でコンピュータリソースの拡張・縮小を行えます。

 

ソーシャルログイン連携
ソーシャルログイン連携によりFacebookやGoogleのIDを活用、ユーザ登録のハードルを下げることでサイトのユーザビリティ、コンバージョン率を向上させます。

 

アクセスセキュリティ強化
パスワード認証、ワンタイムパスワードに加えて、電子証明書、インベントリ認証など多要素認証方式をサポート。サイトのアクセスセキュリティを強化できます。

 

ソリューション名

ThemiStruct(テミストラクト)Identity Platform AWS対応版

提供開始日

2016年3月30日

価格(税抜)

360万円/年~

URL

http://www.ogis-ri.co.jp/pickup/themistruct/index.html

 

 

 

 




・エンドースメント
<アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 パートナー・アライアンス本部長 今野 芳弘様からのコメント>

 

アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、株式会社オージス総研が「テミストラクトIdentity Platform」AWS対応版を提供開始することを歓迎します。
クラウドの活用が活発化するに伴い、既存アプリケーションとの連携が必要となってきます。またB2Cサイトのようなピーク性があり大量アクセスが見込まれるサービスにおいては、セキュアかつ拡張性/俊敏性/柔軟性を備えた統合認証基盤の需要が高まってきています。
今回オージス総研様がリリースする「テミストラクトIdentity Platform」AWS対応版により、上記のニーズに対応するだけでなく、短期間での導入によりサービス提供社のビジネスが加速することを期待しています。

このページのお問い合わせはこちら