ログ収集分析サービス「セキュリティログあんしんパックAzure版」を提供開始ニュースリリース

2016年06月30日

~sumologicでAzureの利用状況を効率的に監査支援~

大阪ガスグループの株式会社オージス総研(本社:大阪市西区、代表取締役社長:西岡信也、以下オージス総研)は、2016年2月に提供を開始したSaaSのログ収集分析サービス「セキュリティログあんしんパック」がマイクロソフトのパブリッククラウド プラットフォーム Microsoft Azure (以下Azure)に対応しました。これにより、Azureの利用状況を効率的にログ分析し、セキュリティログ監査やガバナンスの強化を支援します。

 

Azureをはじめとしたクラウドサービスを利用する上で、セキュリティ監査に必要なログの可視化やレポート作成の効率化を望む企業が増えています。効率的な監査を実施するためには、数多くあるイベントの中から、どの操作を監視対象とするのかを判断することが重要です。

 

オージス総研が提供するセキュリティログあんしんパックは、完全SaaS型のログ分析ツールsumologicを活用することで、すぐに利用でき、その規模に応じて瞬時に拡張可能です。オージス総研のノウハウをベースに監視対象などを設定、提供するため早期に監査をはじめられます。

 

■構成イメージ



■サービス概要


  • セキュリティ監査に関するアラート通知
  • 自動メールによる日次レポート(HTML形式)の提供
  • ログ検索・閲覧機能、及びダッシュボードの提供
  • アラート通知やダッシュボード等の条件見直し等、お問合せ対応

■対象ログとそれに対する機能一覧



■価格(税抜価格)
初期費用:100,000円
月額費用: 98,000円~
※本サービスは、各種Azureとの連携が必要なため、別途Azure利用費用が発生します。

▼セキュリティログあんしんパックの紹介ページはこちら
http://dc.ogis-ri.co.jp/securitylogpack/

 

■関連情報
sumologic:完全SaaS型のログ収集分析ツール(http://www.sumologic.com/

このページのお問い合わせはこちら