ガスエネルギー新聞による取材および掲載「IoTかんたんパック」掲載情報

2017年01月17日

1月16日付 ガスエネルギー新聞において、“IoT導入を手軽に-「かんたんパック」提供”と題し「IoTかんたんパック」の記事が掲載されました。


IoTを導入検討する企業がスタート時に用意したいが構築が困難な「試験的なデータの収集・分析環境」。その用意に オージス総研の「IoTかんたんパック」が注目され、すでに数十社から引き合いがあることが記事にされています。


本サービスを、「AWSアマゾンウェブサービス)上で大阪ガスのエネファーム(家庭用燃料電池)のIoT基盤を構築したノウハウをもとにパッケージ化」、「 データ関連基盤の整備、なにができるかの試しから本番までの構築・運用・クラウド利用サービスを、初期費用9万円、月額3万4000円のパック価格で提供するもの」と紹介。 


あわせて提案するローム製無線LANモジュール(エネファーム搭載と同じ)も話題にし、「血圧計や体重計に組み込み、AWSにリアルタイムで情報送信させて健康状態を管理する」という応用可能例をとりあげられています


弊社クラウド推進チームマネジャーの小倉 豊は取材に対し 「自前でのサーバー構築より3~4割安くできる。トライアルの利用費も各種センサーの販売を組み合わせる同業他社と比べ、 かなりリーズナブル」とコメントしています。 


機会がありましたらぜひご一読ください。

このページのお問い合わせはこちら

関連コンテンツ

特集ページ