株式会社インテリジェンス、「an」法人顧客向けサービスの利便性向上にオージス総研の「API公開支援ソリューション」を採用ニュースリリース

2017年04月18日

株式会社オージス総研(本社:大阪市西区、代表取締役社長:西岡 信也、以下 オージス総研)は、株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎、以下 インテリジェンス)のアルバイト求人情報サービス「an」<https://weban.jp/>の法人顧客向けサービスの利便性向上のために、オージス総研の提供する「API公開支援ソリューション」が採用されたことを発表します。

 

インテリジェンスは、総合人材サービスのパーソルグループの一員として、「人と組織の成長創造インフラへ」というグループビジョンを掲げ、求人メディアの運営や人材紹介、人事コンサルティングなどのサービスを展開しています。同社は、アルバイト求人情報サービス「an」を利用する法人顧客の利便性を向上させるために、オージス総研の「API公開支援ソリューション」を採用し、「an」の応募者管理サービスと「LINEバイト」などビジネスパートナーの採用管理システムとのAPI連携を可能にしました。

 

◆背景
「an」の法人顧客が、求人の応募状況を確認するためには、「an」の応募者管理サービスと「LINEバイト」、それぞれの応募者管理画面から操作を行わなければならず、改善が求められていました。インテリジェンスでは、その解決方法として「an」のAPI公開による「LINEバイト」とのデータ連携を検討していました。しかし、実現するためにはAPIの開発だけではなく、外部から安全にアクセスしてもらう仕組みなどAPIを公開する方法も課題となっていました。

 

◆導入効果
採用された「API公開支援ソリューション」は、オージス総研のノウハウを詰め込んだAPI開発スタックとクラウドを利用することで、APIの安全な公開が迅速に実現できます。これにより、今回わずか2カ月で、オンプレミスのデータをセキュアにビジネスパートナーへ提供することが可能となりました。構築されたAPI公開基盤は、今後、データ連携だけではなく新たなサービスやビジネスを創造していく上で重要な鍵になることが期待できます。

 

「API公開支援ソリューション」により、以下のような導入効果を実現しました。
ハイブリッド構成
    オンプレミスにある既存システム構成を活かしながら、クラウドのメリットを最大化
セキュリティ
    流量制御機能、セキュリティトークンベースの認証によって外部からのアクセスを制御
スモールスタート
    オージス総研独自のAPI開発スタックにより期間、コスト問題を解決


API公開支援ソリューションによるビジネスパートナー向けAPI公開

 

今回のアルバイト求人情報のAPI連携構築にあたり、インテリジェンスのWorks事業部 WorksBITA統括部 WorksBITA部 an基幹BITAグループ 山下秀治マネジャーは次のように語っています。

 

『オージス総研の「API公開支援ソリューション」の提案が良かったのは、クラウドで実現できる点にありました。コストを最小限にできる仕組みになっていただけではなく、API公開で重要なセキュリティに関しても、しっかりと考えられていて、社内のポリシー基準をクリアするシステムを構築してもらえると評価しました。』

 

オージス総研は、今回のようなビジネスパートナー向けAPI公開や、API公開の初期段階で必要なPoCの実施、さらに今後増加が見込まれるAPI公開本格化のためのAPI公開基盤構築、APIの設計・開発、運用支援など、お客様のAPI公開の成熟度に合わせたソリューションを幅広く提供しAPI公開によるデジタルビジネスの実現を支援していきます。

このページのお問い合わせはこちら