オージス総研、IoTを簡単に開始できる環境にHULFT IoTを対応~大容量データを安全・確実に連携できるIoT環境をより簡単に~ニュースリリース

2017年08月29日

株式会社オージス総研(本社:大阪市西区、代表取締役社長:西岡信也、以下オージス総研)は、手軽で安価にIoTを始められるクラウド環境である「IoTかんたんパック」に、デバイスから通信を受け取るソフトウェアとして「HULFT IoT」を対応し、提供を開始しました。これにより、今後需要が高まる大容量データを安全・確実に連携できるIoT環境をより簡単に実現可能となりました。

 

■背景
IoT(Internet of Things)の進展に伴い、デバイスからの小容量データに加え、画像・映像などの大容量データの連携ニーズが増えており、大容量データの通信および保存・分析が可能なサーバ基盤の早期実現が重要となっています。一方で、セキュリティに関する懸念も発生しており、データの欠落が許容されないシステムにおいては、HTTPやMQTTといった通信プロトコルでは独自にプログラム開発が必要な場合が多く、時間と手間とコストがかかるという課題がありました。

 

■IoTかんたんパックがHULFT IoTに対応
オージス総研の「IoTかんたんパック」は、IoTをはじめる際に必要なデータの収集・蓄積・分析・可視化するところまでを含めたサーバ環境を提供します。瞬時に拡張・縮小が可能なアマゾン ウェブ サービス(以下AWS)上に用意するため、まずは機器からデータを収集してビジネスにどう活かせるか検討する環境として最適です。定期的なバックアップや障害時のリストア対応等の運用を含めて、月額固定料金で提供します。(サービス紹介ページ:http://dc.ogis-ri.co.jp/iotpack/

 

そこに、セゾン情報システムズの「HULFT IoT※1」を対応させることで、大容量データを安全・確実に連携でき、データの保存・分析が簡単に利用開始できるクラウド環境を実現しました。デバイスから通信を受け取るソフトウェアとして、これまで提供してきたコスト重視の「AWS IoT※2」と「MessagePub+※3」に、大容量かつセキュリティを重視した「HULFT IoT」を加えることで、お客さまの要件やビジネスシーンに応じた選択が可能です。

 

オージス総研は今後も、より簡単にIoTを実現できる環境を提供できるよう、新しくリリースされる様々なセンサー / デバイスやネットワーク、クラウドサービスを技術検証し、IoTかんたんパックのメニューを拡充していく予定です。

 

■IoTかんたんパック×HULFT IoTの特長

  1. データの収集・蓄積・分析・可視化と大容量データの安全・確実な連携の両方をクラウド環境で簡単に実現
  2. デバイスとクラウドサービス間を安全・確実にデータ連携
  3. 大容量データを圧縮してネットワークの通信負荷を低減

■構成イメージ図


■株式会社セゾン情報システムズさまからのエンドースメント
株式会社セゾン情報システムズは、株式会社オージス総研様の提供する「IoTかんたんパック」が「HULFT IoT」に対応しましたことを心より歓迎いたします。
多くの企業でIoTの取り組みが進められる中、安全安心で確実なデータ連携を実現できる手段を提供いただいたことは、実際のビジネスで求められる高い信頼性と安全性を備えたIoTシステムの実現に向けた各社の取り組みの実現に貢献できるものと確信しております。
今後も、より簡単にIoTを開始できる環境を提供する「IoTかんたんパック」により、IoT活用がさらに進むことを期待しております。


株式会社セゾン情報システムズ HULFT事業部長 葉山 誠

 

※1 HULFT IoTとは、世界43ヵ国以上の金融システムで採用されているファイル転送ミドルウェア「HULFT」の品質をそのままに、IoTシステム向けに最適化されたソフトウェア製品です。決済や防犯、機器監視、位置追跡など「データの欠落が許されない」、「重要度・秘匿性の高いデータを取り扱う」ミッションクリティカルなIoTの領域で、IoT機器とクラウドサービス間の、安全・確実なデータ連携を実現します。(https://www.hulft.com/software/hulft-iot/


※2 AWS IoTとは、インターネットに接続されたモノ(センサー、アクチュエーター、組み込みデバイス、スマート家電など)と AWS クラウドとのセキュアな双方向通信が可能になります。 これにより、複数のデバイスからテレメトリデータを収集し、保存して、分析できます。
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/iot/latest/developerguide/what-is-aws-iot.html

 

※3 MessagePub+とは、オージス総研が開発した つなげることに特化した“IoTメッセージングプラットフォーム” です。MessagePub+は、メッセージの配信を司るbrokerと、brokerにつながるclientから構成されており、データの収集や、収集したデータに基づく制御を行うシステムを簡単に構築することが可能です。(http://www.ogis-ri.co.jp/pickup/iot/messagepub.html

 

□オージス総研のクラウドプラットフォームサービス
http://ps.ogis-ri.jp/cloudplatform/
AWSなどのクラウド導入・移行、運用監視、セキュリティ、IoTなどワンストップで提供します。


以 上

* 本プレスリリースに掲載されている内容は発表時点の情報です。予告なしに変更する場合があります。
* その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

このページのお問い合わせはこちら