ObjectSquare [2013 年 12 月号]

[レポート]


アジャイルで文化の違いを乗り越えることもできるか?

株式会社オージス総研 小澤 仁、張 嵐


2013年8月に米テナシー州ナッシュビルで開催されたAgile2013で当社の張と小澤が "Adapting Agile Methodology to Overcome Social Differences - Motivating Members by Fostering Individuals Interactions"と題して、 当社が中国とのオフショア開発にアジャイル開発方法論を適用する上で行った工夫や得られた学びについて発表を行いました。

本稿では、この発表スライドの和訳版を公開いたします。

記事

発表スライドはこちらから (pdf ファイル: 8,059KB)


記事の内容を5点満点で評価してください。
1点 2点 3点 4点 5点
記事に関するコメントがあれば併せてご記入ください。
  

© 2013 OGIS-RI Co., Ltd.
Prev Index
Prev Index